ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わってきた。きっかけは大胆な規制緩和を求める竹中平蔵慶大教授とインターネットの国有化をブチ上げた楽天の三木谷会長の2人。

 竹中氏は産業競争力会議が開催された当初は様子見のスタンスであった。事務局主導になることを危惧し、事務局内部に民間人を登用することなどを提言していたが、それ以外は目立った動きを見せていなかった。
 様子が変わったのは4月に入ってから。経済特区の創設や官製インフラの民間売却などを盛り込んだ独自の「構造改革プラン」を提唱しはじめたのである。

 産業競争力会議の事務局は基本的に経済産業省の官僚が仕切っている。事務局が提示するプランは特定産業を税金で支援する旧来型の産業政策で、競争政策の強化はほとんど盛り込まれていない。
 民間議員のうち半分は事務局の意向に沿った提言を行っており、これまでは予定調和的に会議が進んできた(本誌記事「産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で陳腐な内容に終始する可能性大」参照)。竹中氏は事務局主導の会議進行にいらだちを募らせており、とうとう自説を声高に主張し始めたというわけだ。

 一方、三木谷氏は4月1日に実施されたテーマ別会合において、突如インターネットの国有化を提言し周囲を驚かせた。三木谷氏は「インターネット・アウトバーン構想」を提唱。場合によってはインターネットを国有化し無料で開放するのがもっとも望ましいとした。三木谷氏の提言には、NTTの再編問題も含まれているといわれており、発言の真意をめぐって様々な憶測が流れている。

 事務局は2人の突然の動きに困惑しているのか、4月以降の会議の議事録がなかなか公開されない状況が続いている。
 三木谷氏はともかく、竹中氏に対しては自民党内部にアレルギーが強く、産業競争力会議への参加について反対意見も多かった。安倍首相たっての要望で竹中氏の会議入りが決定した経緯がある。
 基本的に安倍氏の主張は大きな政府の立場であり、官僚統制型経済を基盤にしたものが多い。正反対の主張を持つ竹中氏を会議入りされた真意については、多くの関係者が首をかしげている。何か深謀遠慮があるのか、純粋に議論を活性化させたいという安倍首相らしい無邪気な発想なのかは現段階では不明だ。

 ただ、竹中氏と三木谷氏が露骨に政治的な動きを開始したことで、霞が関は一気に警戒モードに突入している。構造改革に関する議論が再燃すれば、下手をすれば政局にもつながりかねない。竹中氏と三木谷氏の提案は安倍内閣の本当の姿を試す踏み絵になりつつある。

 - 政治, 経済

  関連記事

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

kakusazini
所得格差を示すジニ係数は過去最大。しかし累進課税などで最終的な格差は縮小

 厚生労働省は2016年9月15日、2014年度における所得再分配調査の結果を発 …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …