ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

秘密主義のフランスでとうとう閣僚が資産公開へ。フランスも世界標準にようやく近づいた

 

 フランス政府は4月15日、エロー首相以下、全閣僚が保有する資産を公開した。フランスにおいて閣僚が資産公開を行うのは初めて。

 事の発端は、カユザック前予算相がスイスに隠し口座を保有しているとマスコミが報じたこと。当初カユザック氏は口座は存在しないと嘘の説明をしていたが、捜査当局が脱税の容疑で捜査を開始することになり、結局カユザック氏は辞任した(本誌記事「欧州で権力者のお金に関する不正が次々と発覚」参照)。
 オランド政権には国民から多くの批判が寄せられており、就任以来、支持率の低迷に苦しむオランド大統領はとうとう閣僚の資産公開に踏み切ることになった。

 フランスはカトリック国であり、お金や女性問題といったスキャンダルに触れることは一種のタブーであった。かつてミッテラン大統領に愛人がいたことを問い正したジャーナリストは大統領に一蹴され、国民もそれを支持してきた。
 だが近年、グローバル化が進展してきたことで、古い価値観が残るフランスにも改革の嵐が吹き荒れている。政治家の金銭問題や社会に女性差別が色濃く残っていることなど、一昔前であれば許容されていたことが通用しなくなってきている(本誌記事「男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること」参照)。
 ドイツや北欧などのプロテスタント圏では、閣僚の資産公開は当たり前のことであり、当然スキャンダルも政治的に許容されない。日本にも閣僚の資産公開制度がある。
 フランス政府は、来週にも全議員に資産公開を義務付ける法案を提出する予定であり、透明化の流れはさらに加速しそうな状況である。

 もっとも今回の資産公開は会計監査を経ておらず、その内容が保障されているわけではない。また名義を変更するなどの措置を講じれば公開対象から外すことも可能であることから、情報の正確性について疑問の声も出ている。
 日本の例を見ても、例えば安倍首相の私邸(3億円はするといわれている)が親族名義になっているなど、公開制度ですべてを把握できないことは明らかである。ただフランスとしては初めての試みであり、公開にこぎつけた自体にそれなりの意味があるとの見方が大半だ。

 ちなみに閣僚でもっともリッチだったのはファビウス外相で約600万ユーロ(約7億5800万円)、最も少なかったのはバロベルカセム女性権利相で約10万ユーロだった。
 ファビウス外相の父親は著名な美術品収集家で古美術商を営む企業の株式も保有していることから、多額の資産があるのは当然の結果であった。ちなみにオランド大統領は昨年の大統領就任時に資産を公開しており、金額は約120万ユーロとなっている。

 - 政治

  関連記事

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

osupurei
森本防衛相が自衛隊のオスプレイ導入に含み。外務省が米側の意向を代弁か?

 森本敏防衛相が米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの自衛隊導入について …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …