ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフトを強める米国を暗に批判するとともに、南シナ海と東シナ海を中心に自国の主権と海洋権益を守るという姿勢を明確にした。東シナ海については「日本が騒ぎを起こしている」と名指しで非難している。

 白書では世界経済にとってアジア太平洋地域がますます重要な舞台になっていると指摘。米国は同地域の安全保障戦略を「調整」しているとし、米国がいわゆるリバランス戦略によってアジア太平洋地域に軍事力をシフトさせていることに対して強い警戒感を示した。
 また東シナ海と南シナ海でいくつかの国が軍事同盟を強化し緊張状態を作り出していると指摘。特に日本については具体的な名前を挙げた。

 白書ではたびたび中国は覇権主義は採用しないと主張する一方で、中国沿岸部の権益は中国の主権にとって絶対的であるという主張を繰り返している。額面通り受け取れば、黄海はもちろんのこと、東シナ海と南シナ海は中国の庭であり、この部分に関して中国は一切妥協するつもりがないことを強調したことになる。

 この主張は近年の中国軍の行動に沿ったものであり、おそらく中国の真意と考えてよいだろう。
 日米同盟が堅固だった時代には、中国軍は黄海の範囲でしか制海権を確保することができなかった。だが日本の国力低下や日米同盟の不安定化をきかっけに、中国は日本やフィリピンに対して強硬に領有権を主張するようになり、海軍の行動範囲を東シナ海と南シナ海まで広げてきている(中国の艦船はたびたび宮古海峡を横断して太平洋に出る行動を繰り返している)。中国の狙いは両海域の制海権確保にあるとみて間違いない。
 そうなってくると、尖閣諸島の領有権については、(倫理的にどちらが正しいかという問題はさておき)中国にとっては絶対に譲れない一線ということになる。

 日本が中国に対してどう行動すべきなのかは、残念ながら日本だけで決めることができない。現在、東シナ海と南シナ海の制海権を中国が100%確保できていないのは、同地域に米国の第七艦隊(横須賀と佐世保が母港)が展開しているからだ。
 日米同盟が従来のまま堅持され、米国が中国包囲網を形成する戦略を採用すれば、中国が両海域の権益をむやみに主張することはできなくなる。だが米国にはこの地域のプレゼンスを低下させるという選択肢も残っている。
 もしそうなった場合、米国にはこの地域の主導権を誰に委ねるのかという問題が出てくる。日本の海軍力を強化し日本に委ねるという選択肢ももちろんあるが、思い切って中国に委ねてしまうというウルトラCも十分にあり得るのだ。

 日本では米国を後ろ盾に中国に対抗すればよいという安易な楽観論も見受けられるが、米国がハシゴをはずさないという保障はどこにもない。一方、日本には独自の安全保障政策を展開するだけの国際的プレゼンスはもはや存在していないという厳しい現実がある。
 頼みの綱であった経済力は低下する一方であり、最近では韓国企業をライバル視しなければならないなど、以前では考えられない状況に陥っている。日本は金融市場の開放や規制緩和に消極的であり、アジアのリーダーになる道を自ら放棄してしまっている(金融市場の覇権と軍事的覇権は表裏一体)。

 いずれにせよ、中国が白書において東シナ海の権益確保を明確にうたったことで、中国側の立場ははっきりした。双方が譲歩しあうという日本式の「対話」が成立する可能性は低く、「対話」が成立するとすれば、日本側の「譲歩」になる可能性が高い。
 国力低下の中で、どのように権益を確保していくのか、日本は難しい舵取りを迫られている。

 - 政治, 経済

  関連記事

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

setubitousi
1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …