ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年の世界全体の実質経済成長率は3.3%と前回予想から0.2ポイント下方修正した。
 日本については1.6%と前回予想から0.4ポイント上方修正となった。日銀の金融緩和策や大規模な景気対策などのアベノミクスが効果を及ぼすと判断された。また2014年についても1.4%と引き続き景気が拡大すると予想している。

 先進国における成長率予測は、日本とドイツを除くすべての国で下方修正となった。
 米国は1.9%(0.2ポイント減)、フランスは-0.1%(0.4ポイント減)、英国は0.7%(0.3ポイント減)である。フランスをはじめ、スペイン(-1.6%)やイタリア(-1.5%)は成長率そのものがマイナスとなり、欧州カトリック圏が全体の足を引っ張る構図が鮮明となった。ドイツは0.6%成長と何とかプラスを維持している。

 新興国は成長率の絶対値こそ先進国より大きいものの、やはり前回予想から下方修正になったところがほとんどだ。
 ロシアは0.3ポイント減(成長率は3.4%)、中国は0.1ポイント減(成長率8%)、インドは0.2ポイント減(成長率5.7%)、ブラジルは0.5ポイント減(成長率3.0%)となっている。

 結果的に、下方修正されたとはいえ1.9%成長を維持した米国、8%成長の中国、1.6%成長の日本という3大経済大国で、その他の国のマイナスを相殺しているという構図になった。日本はいつのまにか世界景気の機関車役になってしまっている。
 ただ日本については、2月に成立した大型補正予算の影響が大きい(0.6ポイント程度)と考えられており、永続性には少々疑問符が付く。中国についても、政府が目標としている7.5%成長を持続できるのかは微妙な情勢だ。来年以降については懸念材料が比較的少ない米国の動向次第ということになる。

 IMFの予測では2013年後半に景気は再加速し、2014年には全世界で4.0%の成長を達成できるとしている。ただ、米国の景気腰折れや中国の失速が起こるようだと、2014年についても下方修正ということになるかもしれない。

 - 経済

  関連記事

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …