ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年の世界全体の実質経済成長率は3.3%と前回予想から0.2ポイント下方修正した。
 日本については1.6%と前回予想から0.4ポイント上方修正となった。日銀の金融緩和策や大規模な景気対策などのアベノミクスが効果を及ぼすと判断された。また2014年についても1.4%と引き続き景気が拡大すると予想している。

 先進国における成長率予測は、日本とドイツを除くすべての国で下方修正となった。
 米国は1.9%(0.2ポイント減)、フランスは-0.1%(0.4ポイント減)、英国は0.7%(0.3ポイント減)である。フランスをはじめ、スペイン(-1.6%)やイタリア(-1.5%)は成長率そのものがマイナスとなり、欧州カトリック圏が全体の足を引っ張る構図が鮮明となった。ドイツは0.6%成長と何とかプラスを維持している。

 新興国は成長率の絶対値こそ先進国より大きいものの、やはり前回予想から下方修正になったところがほとんどだ。
 ロシアは0.3ポイント減(成長率は3.4%)、中国は0.1ポイント減(成長率8%)、インドは0.2ポイント減(成長率5.7%)、ブラジルは0.5ポイント減(成長率3.0%)となっている。

 結果的に、下方修正されたとはいえ1.9%成長を維持した米国、8%成長の中国、1.6%成長の日本という3大経済大国で、その他の国のマイナスを相殺しているという構図になった。日本はいつのまにか世界景気の機関車役になってしまっている。
 ただ日本については、2月に成立した大型補正予算の影響が大きい(0.6ポイント程度)と考えられており、永続性には少々疑問符が付く。中国についても、政府が目標としている7.5%成長を持続できるのかは微妙な情勢だ。来年以降については懸念材料が比較的少ない米国の動向次第ということになる。

 IMFの予測では2013年後半に景気は再加速し、2014年には全世界で4.0%の成長を達成できるとしている。ただ、米国の景気腰折れや中国の失速が起こるようだと、2014年についても下方修正ということになるかもしれない。

 - 経済

  関連記事

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …