ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年の世界全体の実質経済成長率は3.3%と前回予想から0.2ポイント下方修正した。
 日本については1.6%と前回予想から0.4ポイント上方修正となった。日銀の金融緩和策や大規模な景気対策などのアベノミクスが効果を及ぼすと判断された。また2014年についても1.4%と引き続き景気が拡大すると予想している。

 先進国における成長率予測は、日本とドイツを除くすべての国で下方修正となった。
 米国は1.9%(0.2ポイント減)、フランスは-0.1%(0.4ポイント減)、英国は0.7%(0.3ポイント減)である。フランスをはじめ、スペイン(-1.6%)やイタリア(-1.5%)は成長率そのものがマイナスとなり、欧州カトリック圏が全体の足を引っ張る構図が鮮明となった。ドイツは0.6%成長と何とかプラスを維持している。

 新興国は成長率の絶対値こそ先進国より大きいものの、やはり前回予想から下方修正になったところがほとんどだ。
 ロシアは0.3ポイント減(成長率は3.4%)、中国は0.1ポイント減(成長率8%)、インドは0.2ポイント減(成長率5.7%)、ブラジルは0.5ポイント減(成長率3.0%)となっている。

 結果的に、下方修正されたとはいえ1.9%成長を維持した米国、8%成長の中国、1.6%成長の日本という3大経済大国で、その他の国のマイナスを相殺しているという構図になった。日本はいつのまにか世界景気の機関車役になってしまっている。
 ただ日本については、2月に成立した大型補正予算の影響が大きい(0.6ポイント程度)と考えられており、永続性には少々疑問符が付く。中国についても、政府が目標としている7.5%成長を持続できるのかは微妙な情勢だ。来年以降については懸念材料が比較的少ない米国の動向次第ということになる。

 IMFの予測では2013年後半に景気は再加速し、2014年には全世界で4.0%の成長を達成できるとしている。ただ、米国の景気腰折れや中国の失速が起こるようだと、2014年についても下方修正ということになるかもしれない。

 - 経済

  関連記事

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …