ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年の世界全体の実質経済成長率は3.3%と前回予想から0.2ポイント下方修正した。
 日本については1.6%と前回予想から0.4ポイント上方修正となった。日銀の金融緩和策や大規模な景気対策などのアベノミクスが効果を及ぼすと判断された。また2014年についても1.4%と引き続き景気が拡大すると予想している。

 先進国における成長率予測は、日本とドイツを除くすべての国で下方修正となった。
 米国は1.9%(0.2ポイント減)、フランスは-0.1%(0.4ポイント減)、英国は0.7%(0.3ポイント減)である。フランスをはじめ、スペイン(-1.6%)やイタリア(-1.5%)は成長率そのものがマイナスとなり、欧州カトリック圏が全体の足を引っ張る構図が鮮明となった。ドイツは0.6%成長と何とかプラスを維持している。

 新興国は成長率の絶対値こそ先進国より大きいものの、やはり前回予想から下方修正になったところがほとんどだ。
 ロシアは0.3ポイント減(成長率は3.4%)、中国は0.1ポイント減(成長率8%)、インドは0.2ポイント減(成長率5.7%)、ブラジルは0.5ポイント減(成長率3.0%)となっている。

 結果的に、下方修正されたとはいえ1.9%成長を維持した米国、8%成長の中国、1.6%成長の日本という3大経済大国で、その他の国のマイナスを相殺しているという構図になった。日本はいつのまにか世界景気の機関車役になってしまっている。
 ただ日本については、2月に成立した大型補正予算の影響が大きい(0.6ポイント程度)と考えられており、永続性には少々疑問符が付く。中国についても、政府が目標としている7.5%成長を持続できるのかは微妙な情勢だ。来年以降については懸念材料が比較的少ない米国の動向次第ということになる。

 IMFの予測では2013年後半に景気は再加速し、2014年には全世界で4.0%の成長を達成できるとしている。ただ、米国の景気腰折れや中国の失速が起こるようだと、2014年についても下方修正ということになるかもしれない。

 - 経済

  関連記事

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

softbanksprint
ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた …