ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に、年金基金や生命保険会社の資金を導入する検討を開始した。実現すれば大型インフラへの民間資金導入は初めてのケースとなる。

 資金導入の対象となるのは、以前から国土交通省が整備計画を立てているもので、新しく設置する新東京駅を中心に、京成電鉄の押上駅と京浜急行電鉄の泉岳寺駅を結ぶ約11キロの路線。総工費は3700億円で1日あたり22万人の利用を見込んでいる。
 資金導入にはSPC(特別目的会社)を利用し、SPCに参加した年金基金や生保は、30年にわたって工費に利益を加えた金額を受け取る。

  国内では低金利が続き、年金基金や生保は投資する商品がないという事態に直面している。安定的に利益を生み出すことができる公共インフラに対する関心は極めて高いという。

 ただこうした公共インフラ投資を年金や生命保険の資金で賄うことにはいろいろと問題がある。
 まず保険会社だが「デュレーション」の観点からインフラ投資が運用体制にそぐわない可能性がある。デュレーションとは、債権債務の残存期間のこと。保険会社にとって将来支払う保険金は負債に相当するが、保険金は多くの場合、かなり先になってから支払が行われる(多くの人は長生きするため)。保険会社の平均的なデュレーションは15年程度といわれている。
 保険会社がバランスのよい経営をするためには、負債のデュレーション(保険金の支払い)と資産のデュレーション(投資している商品の運用期間)ができるだけ近いことが望ましい。
 日本は高齢化が急速に進んでおり、新規保険加入者の年齢は上がっている。これにともなってデュレーションは短くなる傾向にある。現在15年程度のデュレーションがさらに短くなった場合、20年から30年で償還する公共インフラへの投資はアンバランスになる可能性がある。

 年金基金はさらにやっかいだ。年金は若い世代の人の負担で高齢者の支払を行う方式なので、高齢化が進むと支払額が急増してくる。加入者が減少して基金を取り崩す事態にでもなった場合、長期の投資商品は換金性に問題が出てくる。

 民間資金を公共インフラ投資に導入するPFI法が施行されてからすでに15年近くが経過する。こうした大型案件がこれまでほとんど存在してこなかったのは、リスクなどを勘案すると民間資金にとってあまり魅力がなかったからである。

 公共事業の予算が削られ資金難に苦しむ国土交通省と、運用難から存続そのものが取りざたされている年金基金を救うためのウルトラCとして立案されているなら、これほど無意味なことはない。

 - 政治, 経済

  関連記事

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

okane
家計の金融資産は過去最高。ただ、株式シフトはすでにピークを過ぎた可能性も

 日銀は2014年9月18日、2014年4~6月期の資金循環統計を発表した。6月 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

mistral
ロシアと欧米の対立で軍艦をロシアに輸出していたフランスの立場が微妙に

 ウクライナ問題によって欧米とロシアの対立が続く中、ロシアに最新鋭の軍艦を提供し …

kokusaishushi201304
空洞化は悪いことばかりではない。海外工場からの利益で4月の経常収支は大幅黒字

 財務省は6月10日、4月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …