ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に、年金基金や生命保険会社の資金を導入する検討を開始した。実現すれば大型インフラへの民間資金導入は初めてのケースとなる。

 資金導入の対象となるのは、以前から国土交通省が整備計画を立てているもので、新しく設置する新東京駅を中心に、京成電鉄の押上駅と京浜急行電鉄の泉岳寺駅を結ぶ約11キロの路線。総工費は3700億円で1日あたり22万人の利用を見込んでいる。
 資金導入にはSPC(特別目的会社)を利用し、SPCに参加した年金基金や生保は、30年にわたって工費に利益を加えた金額を受け取る。

  国内では低金利が続き、年金基金や生保は投資する商品がないという事態に直面している。安定的に利益を生み出すことができる公共インフラに対する関心は極めて高いという。

 ただこうした公共インフラ投資を年金や生命保険の資金で賄うことにはいろいろと問題がある。
 まず保険会社だが「デュレーション」の観点からインフラ投資が運用体制にそぐわない可能性がある。デュレーションとは、債権債務の残存期間のこと。保険会社にとって将来支払う保険金は負債に相当するが、保険金は多くの場合、かなり先になってから支払が行われる(多くの人は長生きするため)。保険会社の平均的なデュレーションは15年程度といわれている。
 保険会社がバランスのよい経営をするためには、負債のデュレーション(保険金の支払い)と資産のデュレーション(投資している商品の運用期間)ができるだけ近いことが望ましい。
 日本は高齢化が急速に進んでおり、新規保険加入者の年齢は上がっている。これにともなってデュレーションは短くなる傾向にある。現在15年程度のデュレーションがさらに短くなった場合、20年から30年で償還する公共インフラへの投資はアンバランスになる可能性がある。

 年金基金はさらにやっかいだ。年金は若い世代の人の負担で高齢者の支払を行う方式なので、高齢化が進むと支払額が急増してくる。加入者が減少して基金を取り崩す事態にでもなった場合、長期の投資商品は換金性に問題が出てくる。

 民間資金を公共インフラ投資に導入するPFI法が施行されてからすでに15年近くが経過する。こうした大型案件がこれまでほとんど存在してこなかったのは、リスクなどを勘案すると民間資金にとってあまり魅力がなかったからである。

 公共事業の予算が削られ資金難に苦しむ国土交通省と、運用難から存続そのものが取りざたされている年金基金を救うためのウルトラCとして立案されているなら、これほど無意味なことはない。

 - 政治, 経済

  関連記事

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

rio
変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマ …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …