ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に、年金基金や生命保険会社の資金を導入する検討を開始した。実現すれば大型インフラへの民間資金導入は初めてのケースとなる。

 資金導入の対象となるのは、以前から国土交通省が整備計画を立てているもので、新しく設置する新東京駅を中心に、京成電鉄の押上駅と京浜急行電鉄の泉岳寺駅を結ぶ約11キロの路線。総工費は3700億円で1日あたり22万人の利用を見込んでいる。
 資金導入にはSPC(特別目的会社)を利用し、SPCに参加した年金基金や生保は、30年にわたって工費に利益を加えた金額を受け取る。

  国内では低金利が続き、年金基金や生保は投資する商品がないという事態に直面している。安定的に利益を生み出すことができる公共インフラに対する関心は極めて高いという。

 ただこうした公共インフラ投資を年金や生命保険の資金で賄うことにはいろいろと問題がある。
 まず保険会社だが「デュレーション」の観点からインフラ投資が運用体制にそぐわない可能性がある。デュレーションとは、債権債務の残存期間のこと。保険会社にとって将来支払う保険金は負債に相当するが、保険金は多くの場合、かなり先になってから支払が行われる(多くの人は長生きするため)。保険会社の平均的なデュレーションは15年程度といわれている。
 保険会社がバランスのよい経営をするためには、負債のデュレーション(保険金の支払い)と資産のデュレーション(投資している商品の運用期間)ができるだけ近いことが望ましい。
 日本は高齢化が急速に進んでおり、新規保険加入者の年齢は上がっている。これにともなってデュレーションは短くなる傾向にある。現在15年程度のデュレーションがさらに短くなった場合、20年から30年で償還する公共インフラへの投資はアンバランスになる可能性がある。

 年金基金はさらにやっかいだ。年金は若い世代の人の負担で高齢者の支払を行う方式なので、高齢化が進むと支払額が急増してくる。加入者が減少して基金を取り崩す事態にでもなった場合、長期の投資商品は換金性に問題が出てくる。

 民間資金を公共インフラ投資に導入するPFI法が施行されてからすでに15年近くが経過する。こうした大型案件がこれまでほとんど存在してこなかったのは、リスクなどを勘案すると民間資金にとってあまり魅力がなかったからである。

 公共事業の予算が削られ資金難に苦しむ国土交通省と、運用難から存続そのものが取りざたされている年金基金を救うためのウルトラCとして立案されているなら、これほど無意味なことはない。

 - 政治, 経済

  関連記事

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …