ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新経済連盟が16日に開いた「新経済サミット2013」をもとにした提言書「イノベーションに関する緊急提言」を提出した。
 提言書には、ベンチャー投資の活性化を促す税制改革や新産業創出のための規制緩和などを盛り込んだ。甘利氏からは「大変いい提案だ」との反応があったという。

 新経済連盟による具体的な提言内容は、①イノベーション振興に関する国家方針の確立と起業文化の醸成、②ベンチャー投資を促す税制改革、③グローバルかつイノベイティブな人材育成、④徹底的な規制改革の4つ。

 ①については、起業し破壊的なイノベーションを起こした人物への表彰、特区によるインキュベーション施設の設置、プログラマ・コンテストの開催などが盛り込まれている。②の税制についてはエンジェル税制の拡大や上場企業と非上場企業での損益通算などをうたっている。

 ここまでは従来から議論されてきたベンチャー振興策の範囲内での提言といってよい。新経済連盟の特色が出ているのはその次からだ。

 人材育成について新経済連盟では、イノベイティブなだけでなくグローバルであることを強く主張している。
 具体的には大学入試と公務員試験へのTOEFL導入、小学校での英語教育強化などが盛り込まれている。また教育課程にプログラミング、マーケティング、ファイナンスなどの科目を導入することも提言している。規制緩和については、対面・書面交付原則の撤廃、発送電分離、規制改革会議による事前勧告制度の構築などが盛り込まれた。

 整理すると、①から②までは従来型ベンチャー振興策に沿った提言、③は新経済連盟の特色を前面に出した提言、④は新経済連盟に属する企業の利益を代弁した提言といったところだろうか?

 日本ではこれまで数多くのベンチャー振興策が提言されてきたが、ほとんど効果を上げていない。起業活動に関する国際比較では日本は世界最低ランクの常連となっている(本誌記事「従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由」参照)。
 新経済連盟の提言内容の多くが、従来型のベンチャー振興策の延長であることを考えると、この提言によって状況が大きく変化するとは考えにくい。

 ただ、提言の中には反対派が猛反発する内容も含まれてはいるものの、一方で「お金がかからずに実現できる」(三木谷氏)ものも多い。新経済連盟としてはロビー活動はまだ手探りの状態であることを考えると、まずは実現可能な部分から政府に採用を呼びかけ、実績を作っていく戦略と思われる。

 - 政治, 経済

  関連記事

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

sukottorando
偉大な第一歩?それとも危険な火遊び?スコットランド独立を問う住民投票まであと2日。

 英国北部スコットランドの独立の賛否を問う18日の住民投票まであと2日となってい …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …