ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民主活動家から権力者に。とうとう大統領への野心を表明したアウン・サン・スー・チー氏

 

 来日中のミャンマーの民主活動家アウン・サン・スー・チー氏は「政党の党首で国のトップになりたくない人がいるのか」と述べ、大統領への就任に強い意欲を示した。民主化運動の星として国際的にも著名なアウン・サン・スー・チー氏だが、政治の表舞台に立ったことで、徐々に権力者としての顔に変貌しつつある。

 アウン・サン・スー・チー氏はミャンマーの民主活動家。ミャンマーの軍事政権によって長年軟禁状態に置かれていたが、ミャンマーの民主化の進展にともなって、2010年に自宅軟禁が解除された。さらに2012年には選挙に立候補し国会議員となっている。
 アウン・サン・スー・チー氏は非暴力民主化運動の象徴であり、欧米社会を中心に極めて評価が高い。ただ彼女が純粋な民主活動家なのかというと必ずしもそうとはいえない面がある。

 アウン・サン・スー・チー氏の父親は、ミャンマーの独立運動を主導し、後に暗殺されたアウンサン将軍である。アウンサン将軍の独立運動やその後の暗殺には英国の諜報機関MI6が深く関与しているといわれ、娘のアウン・サン・スー・チー氏も英国との関係が極めて密接である(本人は英国生活が長く、英国人の夫も諜報機関との関係が取りざたされている)。

 ミャンマーの国民は非民主的な軍事政権に反発する一方、植民地として搾取してきた欧米に対しては複雑な感情を持っている。これまでアウン・サン・スー・チー氏は民主化運動の星として国民的な英雄だったが、最近は国民の態度にも変化が出てきている。これまで声援を浴びることしかなかった遊説先でブーイングを受けるケースが出てきたのである。

 経済成長が著しいミャンマーでは、かなり強引な工場建設が行われており、各地で反対運動が起こっている。だがアウン・サン・スー・チー氏は欧米資本による工場建設については基本的に容認する姿勢を取っており、一部の国民から反発を受けているのだ。
 またミャンマー西部のアラカン州では、多数派の仏教徒が少数派のイスラム教徒の村を焼き討ちするという凄惨な人権弾圧が発生し国際問題にもなっているが、基本的にアウン・サン・スー・チー氏はこの問題を避けているとして批判が出ている(本誌記事「ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視」参照)。

 理想論だけで政治を動かすことは不可能である。自分に都合の悪い話題を無視しはじめたアウン・サン・スー・チー氏は、ある意味で本物の政治家に成長したともいえる。

 日本とミャンマーの関係は非常に微妙だ。ミャンマーは太平洋戦争中も、欧米に対する牽制球として戦略的に日本を支持してきた国であり、軍事政権内部には日本との関係を重視する人物が多い(単純に親日というわけではない)。アウン・サン・スー・チー氏を中心にした欧米主導の経済開放路線であるにも関わらず日本企業が進出しやすいのはそのためだ。
 だが基本的にミャンマーの民主化は欧米主導であり、今後アウン・サン・スー・チー氏の権力が強くなることはあっても弱まることはないだろう。

 ミャンマーの民主化がさらに進展し軍事政権の存続基盤を揺るがす事態になった場合、日本は微妙な舵取りが求められるようになる。少なくともアウン・サン・スー・チー氏をピュアな平和運動家として認識していればよいという時代は終わったといえるだろう。

 - 政治

  関連記事

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

no image
米大統領選挙、なぜか日本のマスコミが報じないオバマ、ロムニー以外の候補者

 米国大統領選挙の開票が一部の州で始まった。今日の午後には大勢が判明する見込みだ …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …