ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁による政策転換を受けて事務方が遠慮したのか、それとも他に何か理由があるのか、その真意をめぐって市場では様々な噂が流れている。

 日銀は年2回、金融システムレポートを発表している。これは日本の金融システムが抱えるリスクや課題を抽出し、金融システム全体の状況について分析するためのものである。
 日銀は4月17日、最新版のレポートを発表したが、前回までのレポートで強調していた日本の金利上昇リスクについての記述をトーンダウンさせている。

 レポートでは、金利が1%上昇した場合に日本の金融機関が抱える損失は大手行が3.2兆円、地域行が3.4兆円の計6.6兆円と試算。これについて「大手行の自己資本基盤は、金利が大きく上昇しても大きく損なわれることはない」としている。

 基本的に過去のレポートでも、金利上昇によって金融機関の自己資本が大きく損なわれることはないという結論は同じである。ただ前回のレポート(2012年10月)では「国内金利が想定を超えて大きく上昇する場合、銀行の自己資本は相応に減少する」と、想定外の金利上昇リスクについて記載していた。
 さらにその前のレポート(2012年4月)では「相対的に自己資本基盤が弱い銀行では、自己資本比率が先行きも低い水準にとどまる可能性がある」として体力の弱い地域行のリスクを指摘していたほか、「財政の先行きに対する信認が低下すると、市場金利が非連続的に大きく上昇し得る点には注意が必要である」として、突如金利が上昇する可能性もあることを示唆していた。

 だが今回の最新レポートではこれらの記述が消えており、金利の上昇は実体経済など様々な経路を通じて銀行の経営に影響を及ぼす可能性を指摘するにとどまった。

 ここ1年で大手行は貸し出しを伸ばしてきており、自己資本も強化されてきている。1年前よりも経営体力が増加しているのは間違いない。
 ただ地銀や信金の状況は改善されていないほか、金利上昇で被る損失の絶対額もほぼ横ばいに推移している。金利上昇リスクが著しく後退したと言い切れる状態にはない。むしろ異次元の緩和策によって金利が低く誘導され、将来の金利上昇リスクを高めているともいえる。

 少なくとも、以前の日銀であれば、金利上昇リスクが低下したとは認識しなかったであろう。だが事務方はともかく、白川路線を支持していた審議委員の多くは前言を撤回し、一気に黒田路線に転向している(本誌記事「黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?」参照)。今の雰囲気では事務方が折れるのも時間の問題かもしれない。

 今回のレポートは、世論の支持を集めつつあるアベノミクスに遠慮して事務方が折れた結果なのか、それとも、アベノミクスはやはり正しく、事務方が過去の分析の過ちを認めた結果なのか、その答えは案外早く分かるかもしれない。

 - 経済

  関連記事

twitter02
ツイッター大ピンチ。収益のカギとなるタイムライン閲覧数が何と減少!

 短文投稿サイトの米ツイッターが株式公開後初めてとなる四半期決算で大失速となった …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …