ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和、外資誘致などを目的とした「特区」の創設を進めていく考えを明らかにした。

 特区の創設は産業競争力会議の民間議員である竹中平蔵慶応大学教授らが強く提唱していた。政府は近く、国家戦略特区諮問会議を設置。竹中氏のペーパーをたたき台に、首相がトップに立って具体策を検討する。

 産業競争力会議はこれまでは経済産業省を中心とした事務局主導で議論が行われており、特定産業への支援、補助を中心にした政策が提言されていた。
 だが竹中氏や楽天の三木谷会長など、一部の「構造改革派」議員らはこの動きに反発。独自の提言を行うべく、水面下での根回しを行っていた。

 今回「特区」に関するプランが提言されたことで、アベノミクスの3本目の矢である成長戦略に関する議論は、官僚主導型の従来施策と自由競争型の新しい施策が真正面からぶつかる状況となった。

  竹中氏のペーパーには多くの提言が盛り込まれているが、その柱となるのは、規制緩和、優遇税制および公共インフラの民間開放である。さらにこれらを先行的に実施するための場として特区の創設をうたっている。
 具体的には放送・通信インフラ、空港、有料道路、上下水道、地下鉄などがその対象として列挙されている。また環境整備事項として、都市の国際化、雇用の流動化、外国企業の誘致、カジノ誘致などを盛り込んだ。

 そして、これらを先行的に実施するための拠点が「アベノミクス戦略特区(仮称)」である。具体的には世界から最先端のビジネスを呼び込む「国際先端スーパー特区」、農業を強化するための「農業拠点特区」、最先端の医療サービスを提供する「医療ツーリズム特区」などが想定されている。

 これらの施策は竹中氏が小泉政権における構造改革で実施しようとした内容そのものであり、市場メカニズムを活用してサプライサイドから経済を刺激するという考え方に立脚している。
 特区の創設を強く主張しているのは、これらの実現には各方面からの反発が必至であり、すぐに実現することは難しいと考えているからである。まず特区を作り実績を積み上げ、その後、全国レベルに展開するという道筋を描いていると思われる。

 安倍首相はもともとは竹中氏と同じ新自由主義的路線の推進者であった。だが第2次安倍内閣では、官僚主導型の統制経済路線に転向している。
 安倍首相の特区創設の決断は、ある意味で第2次安倍内閣におけるこれまでの経済政策と真っ向からぶつかる内容であり、霞が関を中心に多くの反発が予想される。あくまで改革は特区だけにとどめ、政治的な牽制球としてこれを用いるのか、本気で構造改革路線を追及するつもりなのか、今のところ安倍首相の真意は定かではない。

 ただ、特区の創設にはかなり危険な側面がある。特定の外国企業や先端企業だけが恩恵を受け、一種の既得権益になってしまう恐れがあるからだ。だが特区の創設を経ずに、一気に規制緩和を進めようとすれば、国論を二分する事態になることは目に見えている。特区の導入はそこをうまくかわすための「戦術的」なプランというわけだが、果たして吉と出るか凶と出るか。
 カジノ構想という刺激的な内容も含まれており、場合によっては参院選を見据えた政治的な動きにつながる可能性も出てきている。

 - 政治

  関連記事

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

isihara
石原慎太郎東京都知事が国政復帰を宣言。だが時すでに遅し

 石原慎太郎東京都知事は25日、都庁で記者会見を行い、都知事の辞任と次期衆院選へ …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

no image
米大統領選挙、TV討論会が先ほど始まる

 米大統領選におけるもっとも重要なイベントの一つであるテレビ討論会が先ほど(日本 …

yokokume
民主比例復活議員の顛末。多くは落選したが、たくましく生き延びた人も

 前回の衆院選では、はじめての政権交代ということもあり、民主党からは大量の比例復 …

deblasio
異人種家族を持つ元左翼活動家がNY市長選に圧勝。アメリカはどこに向かっているのか?

 ブルームバーグ現市長の任期満了に伴うニューヨーク市長選挙が11月5日に実施され …

clintontoronkai
米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネ …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …