ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船に相当する海洋監視船が中心であったが、今月は正規の軍艦による航行が頻繁に行われている。

 中国中央TVは4月17日、中国海軍のミサイル駆逐艦とフリゲート艦の2隻が尖閣諸島付近を航行したと報じた。また防衛省の統合幕僚監部は17日、海上自衛隊の哨戒機P-3Cが宮古島の北東約110キロの海上で中国の2隻の艦艇を確認したと発表した。

 確認された艦艇は、中国南海艦隊所属のミサイル駆逐艦「蘭州」とフリゲート艦の「衡水」。中国側の報道では、2隻は16日夜に尖閣諸島付近の海域に入り、17日朝に尖閣諸島から70カイリ(約130キロ)付近を航行したという。
 このほか防衛省では4月1日にも揚陸艦を含む4隻の中国艦艇が沖縄本島沖を航行しているのを確認している。

 蘭州(写真上)は中国が独自開発し2004年に就航させた新型のミサイル駆逐艦。満載排水量は7000トンで、表面上は日本や米国が保有するイージス艦と同レベルの能力を持っているとされる。衡水(写真下)はさらに新しく2012年に就航した最新鋭艦。ステルス性を考慮に入れたデザインを採用しており、満載排水量は4000トンだが駆逐艦級の攻撃力を保有しているといわれる。

 中国は4月16日に国防白書を発表し、東シナ海と南シナ海沿岸部の海洋権益を死守する方針を打ち出したばかり(本誌記事「中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?」参照)。白書での主張をそのまま解釈すれば、尖閣諸島の領有権について、中国側には妥協の余地がないことになる。
 米国はこうした中国の動きに神経をとがらせており、中国もすぐに米国を刺激するような敵対的行動に出てくるとは考えにくい。ただ、海洋監視船から軍艦へと徐々にレベルをエスカレートさせており、最終的には大型艦船の自由な航行を既成事実にする戦略と考えられる。

 米国側も本音では中国との衝突を望んでおらず、日本の立場は非常に微妙だ。米中関係に悪影響を与えず、かつ中国の既成事実の積み上げを阻止するという難しい舵取りを迫られそうだ。

 - 政治

  関連記事

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …