ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船に相当する海洋監視船が中心であったが、今月は正規の軍艦による航行が頻繁に行われている。

 中国中央TVは4月17日、中国海軍のミサイル駆逐艦とフリゲート艦の2隻が尖閣諸島付近を航行したと報じた。また防衛省の統合幕僚監部は17日、海上自衛隊の哨戒機P-3Cが宮古島の北東約110キロの海上で中国の2隻の艦艇を確認したと発表した。

 確認された艦艇は、中国南海艦隊所属のミサイル駆逐艦「蘭州」とフリゲート艦の「衡水」。中国側の報道では、2隻は16日夜に尖閣諸島付近の海域に入り、17日朝に尖閣諸島から70カイリ(約130キロ)付近を航行したという。
 このほか防衛省では4月1日にも揚陸艦を含む4隻の中国艦艇が沖縄本島沖を航行しているのを確認している。

 蘭州(写真上)は中国が独自開発し2004年に就航させた新型のミサイル駆逐艦。満載排水量は7000トンで、表面上は日本や米国が保有するイージス艦と同レベルの能力を持っているとされる。衡水(写真下)はさらに新しく2012年に就航した最新鋭艦。ステルス性を考慮に入れたデザインを採用しており、満載排水量は4000トンだが駆逐艦級の攻撃力を保有しているといわれる。

 中国は4月16日に国防白書を発表し、東シナ海と南シナ海沿岸部の海洋権益を死守する方針を打ち出したばかり(本誌記事「中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?」参照)。白書での主張をそのまま解釈すれば、尖閣諸島の領有権について、中国側には妥協の余地がないことになる。
 米国はこうした中国の動きに神経をとがらせており、中国もすぐに米国を刺激するような敵対的行動に出てくるとは考えにくい。ただ、海洋監視船から軍艦へと徐々にレベルをエスカレートさせており、最終的には大型艦船の自由な航行を既成事実にする戦略と考えられる。

 米国側も本音では中国との衝突を望んでおらず、日本の立場は非常に微妙だ。米中関係に悪影響を与えず、かつ中国の既成事実の積み上げを阻止するという難しい舵取りを迫られそうだ。

 - 政治

  関連記事

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

deblasio
異人種家族を持つ元左翼活動家がNY市長選に圧勝。アメリカはどこに向かっているのか?

 ブルームバーグ現市長の任期満了に伴うニューヨーク市長選挙が11月5日に実施され …

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …