ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比31%増の139億3900万ドル(約1兆3700億円)、純利益は前年同期比16%増の33億4600万ドル(約3280億円)だった。ネット広告が好調に推移し、買収したモトローラのリストラ費用を相殺した。四半期ベースの純利益は過去最高。

 多くの報道ではグーグルの決算が良好だったことからネット広告が順調に推移しているという論調になっている。実際、広告のクリック数は増大しており、これが同社の売上拡大に寄与しているのは事実だ。だが、懸念すべき材料もまだ残っている。クリック単価の動向である。

 ネット広告(検索連動広告)は、利用者が実際に広告をクリックしてはじめて料金が支払われる。グーグルに入る広告収入は、広告のクリック数と広告あたりの単価を掛けた値となるため、同社が売り上げを増大させるためには、広告の絶対数に加えて単価も上昇させる必要がある。

 だがここ2年、パソコンからサイズの小さいスマホへの移行が進み、クリック単価は減少の一途を辿っている。グーグルのクリック単価は2011年後半から2012年前半にかけて2割近くも減少した。一方クリック数自体は2年で1.8倍に増加しているので、全体の収益はプラスになっているという構図だ。

 2012年第4四半期にはクリック単価が持ち直す兆候が見られたが、今回の四半期決算では再度下落に転じてしまった。業界関係者の多くは、スマホへの移行に伴う混乱は終了しつつあり、今後は単価が上昇すると予想している。
 ただ、スマホの普及もそろそろ頭打ちするとの見方もあり、クリック単価の回復が順調に進まない場合には、同社の急成長に多少のブレーキがかかる可能性もある。
 スマホ・シフト後のネットビジネスがどう推移していくのかは、今後のクリック単価の動向に大きく左右されている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

facebookcom
フェイスブックは先行投資で利益減少。まだ投資家は「待ち」の状態だが・・・

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年4月22日、2015年1~3月期の決 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …