ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比31%増の139億3900万ドル(約1兆3700億円)、純利益は前年同期比16%増の33億4600万ドル(約3280億円)だった。ネット広告が好調に推移し、買収したモトローラのリストラ費用を相殺した。四半期ベースの純利益は過去最高。

 多くの報道ではグーグルの決算が良好だったことからネット広告が順調に推移しているという論調になっている。実際、広告のクリック数は増大しており、これが同社の売上拡大に寄与しているのは事実だ。だが、懸念すべき材料もまだ残っている。クリック単価の動向である。

 ネット広告(検索連動広告)は、利用者が実際に広告をクリックしてはじめて料金が支払われる。グーグルに入る広告収入は、広告のクリック数と広告あたりの単価を掛けた値となるため、同社が売り上げを増大させるためには、広告の絶対数に加えて単価も上昇させる必要がある。

 だがここ2年、パソコンからサイズの小さいスマホへの移行が進み、クリック単価は減少の一途を辿っている。グーグルのクリック単価は2011年後半から2012年前半にかけて2割近くも減少した。一方クリック数自体は2年で1.8倍に増加しているので、全体の収益はプラスになっているという構図だ。

 2012年第4四半期にはクリック単価が持ち直す兆候が見られたが、今回の四半期決算では再度下落に転じてしまった。業界関係者の多くは、スマホへの移行に伴う混乱は終了しつつあり、今後は単価が上昇すると予想している。
 ただ、スマホの普及もそろそろ頭打ちするとの見方もあり、クリック単価の回復が順調に進まない場合には、同社の急成長に多少のブレーキがかかる可能性もある。
 スマホ・シフト後のネットビジネスがどう推移していくのかは、今後のクリック単価の動向に大きく左右されている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

bouekitoukei 201405
貿易収支は小康状態。気になるのはイラク情勢による原油価格の高騰

 財務省は2014年6月18日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

skymark02
日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争 …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …