ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比31%増の139億3900万ドル(約1兆3700億円)、純利益は前年同期比16%増の33億4600万ドル(約3280億円)だった。ネット広告が好調に推移し、買収したモトローラのリストラ費用を相殺した。四半期ベースの純利益は過去最高。

 多くの報道ではグーグルの決算が良好だったことからネット広告が順調に推移しているという論調になっている。実際、広告のクリック数は増大しており、これが同社の売上拡大に寄与しているのは事実だ。だが、懸念すべき材料もまだ残っている。クリック単価の動向である。

 ネット広告(検索連動広告)は、利用者が実際に広告をクリックしてはじめて料金が支払われる。グーグルに入る広告収入は、広告のクリック数と広告あたりの単価を掛けた値となるため、同社が売り上げを増大させるためには、広告の絶対数に加えて単価も上昇させる必要がある。

 だがここ2年、パソコンからサイズの小さいスマホへの移行が進み、クリック単価は減少の一途を辿っている。グーグルのクリック単価は2011年後半から2012年前半にかけて2割近くも減少した。一方クリック数自体は2年で1.8倍に増加しているので、全体の収益はプラスになっているという構図だ。

 2012年第4四半期にはクリック単価が持ち直す兆候が見られたが、今回の四半期決算では再度下落に転じてしまった。業界関係者の多くは、スマホへの移行に伴う混乱は終了しつつあり、今後は単価が上昇すると予想している。
 ただ、スマホの普及もそろそろ頭打ちするとの見方もあり、クリック単価の回復が順調に進まない場合には、同社の急成長に多少のブレーキがかかる可能性もある。
 スマホ・シフト後のネットビジネスがどう推移していくのかは、今後のクリック単価の動向に大きく左右されている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …