ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比31%増の139億3900万ドル(約1兆3700億円)、純利益は前年同期比16%増の33億4600万ドル(約3280億円)だった。ネット広告が好調に推移し、買収したモトローラのリストラ費用を相殺した。四半期ベースの純利益は過去最高。

 多くの報道ではグーグルの決算が良好だったことからネット広告が順調に推移しているという論調になっている。実際、広告のクリック数は増大しており、これが同社の売上拡大に寄与しているのは事実だ。だが、懸念すべき材料もまだ残っている。クリック単価の動向である。

 ネット広告(検索連動広告)は、利用者が実際に広告をクリックしてはじめて料金が支払われる。グーグルに入る広告収入は、広告のクリック数と広告あたりの単価を掛けた値となるため、同社が売り上げを増大させるためには、広告の絶対数に加えて単価も上昇させる必要がある。

 だがここ2年、パソコンからサイズの小さいスマホへの移行が進み、クリック単価は減少の一途を辿っている。グーグルのクリック単価は2011年後半から2012年前半にかけて2割近くも減少した。一方クリック数自体は2年で1.8倍に増加しているので、全体の収益はプラスになっているという構図だ。

 2012年第4四半期にはクリック単価が持ち直す兆候が見られたが、今回の四半期決算では再度下落に転じてしまった。業界関係者の多くは、スマホへの移行に伴う混乱は終了しつつあり、今後は単価が上昇すると予想している。
 ただ、スマホの普及もそろそろ頭打ちするとの見方もあり、クリック単価の回復が順調に進まない場合には、同社の急成長に多少のブレーキがかかる可能性もある。
 スマホ・シフト後のネットビジネスがどう推移していくのかは、今後のクリック単価の動向に大きく左右されている。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

factoryline
米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …