ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日本百貨店協会は4月18日、3月の全国百貨店売上高概況を発表した。
 それによると、全国の百貨店における3月の売上高総額は5447億円となり、前年比3.9%の大幅なプラスとなった。前年比プラスは3カ月連続だが、これまでは0.2%前後で推移しており、3月は異例の伸びとなった。

 百貨店の販売動向の中で、株高に顕著な反応を見せていたのは高額商品であった。
 高額商品(美術品・宝飾品・貴金属)の販売は今年に入って大幅に増加しており、1月は対前年比6.8%増、2月は8.6%であった。高級車の販売も年明けから好調になったことなどから、アベノミクスの効果ではないかといわれていた。

 消費拡大は富裕層の一部だけに限定されるとの見方も強かったが、今回、売上高全体も大きな伸びを見せたことで、消費の拡大が中間層にも及んでいる可能性が高くなってきた。

  日銀の量的緩和策の拡大が経済成長に結びつくシナリオとしては主に2つが想定されている。ひとつは当座預金残高の増加が銀行の融資拡大を促し、企業の設備投資が動き出すというシナリオ。もうひとつは円安と株高が個人の消費マインドを刺激し、個人消費が牽引役になるというシナリオである。

 社会が成熟している米国と異なり、日本の経済成長率における個人消費の割合は6割程度である(米国は7割)。従来の景気回復局面のほとんどは、企業の設備投資が活発になり、やがて個人消費に結びついてくるというパターンであった。

 もし今回景気の回復に成功するとすれば、従来とは逆のパターンになる可能性が高い。というのも、企業の内部留保は過去最高水準となっており、設備投資を積極的に行う兆候は今のところ見られないからである。また、設備投資の代表的な指標といわれる機械受注は低迷が続いているほか(本誌記事「企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?」参照)、円安にも関わらず輸出の数量は減少する一方だ(本誌記事「円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない」参照)。

 今回、個人消費が経済の機関車役になった場合、それは日本経済の構造が根本的に転換したことを示している可能性がある。戦後一貫して続いてきた輸出産業中心の産業構造からサービス業中心の構造へと変化したのである。
 政府が実施する産業政策のほとんどは輸出産業を支援するためのものであった。もし日本経済の体質が変わったのだとすると、多くの政策について根本的な見直しを迫られることになるだろう。政治家のパワーバランスも劇的に変化するかもしれない。

 個人消費の伸びが企業の設備投資増加にはつながらず、結局、景気は腰折れしてしまうのか、活発な個人消費が経済全体を動かし、日本経済の体質転換を証明するのか、1年以内にその答えは出てくるだろう。

 - 経済

  関連記事

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …