ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下院に相当する国民議会を通過していることから、同法案は夏にも発効する見通し。
 同性婚の解禁は、リベラルを標榜するオランド政権の目玉政策のひとつであり、大統領選挙でも主要な公約のひとつに掲げられていた。だがカトリック教徒や保守派などから予想以上の反発があり、法案の成立が危ぶまれていた。

 同性婚の反対派は連日大規模なデモを行っており、フランスの国論は現在二分された状況にある。
 法案は何とか通過させたものの、支持率低迷に悩むオランド政権にとっては、この同性婚問題がボディーブローのように効いてくる可能性も出てきている。

 特に与党が警戒しているのは、同性婚に反対する国民の中に、これまでほとんど政治活動を行ったことのない若年層が数多く含まれている点である。しかも、同性婚への反対運動は、ひとつのきっかけにすぎず、デモが世代間闘争の様相を呈してきていることも、懸念材料となっている。

 デモに参加したある若者は「かつて学生運動・労働運動を行った中高年世代がフランスをダメにした」と叫んでいた。日本でも保守系の思想をもつ若年層の多くが、学生運動の世代を厳しく批判している。中高年世代が既得権益化し、社会からほとんど恩恵を受けることができない若年層がこれに強く反発するという構図はグローバルな現象なのである。

 フランスでは、引退したサルコジ元大統領が再び大統領の座を目指して政治活動を開始するという噂が絶えない。サルコジ氏が本格的に活動を開始した場合、これら保守系の若者を取り込み、予想以上の政治勢力に発展する可能性もある。

 ちなみに60年代後半の学生運動・労働運動は、マルクス主義の体裁を取っていたが、その実態は世代間闘争であった。当時は今とは逆に、保守派が既得権益側でリベラルが挑戦する側であった。
 ただ当時と今の最大の違いは、日本もフランスも経済の拡大が望めない環境にあるという点である。かつては経済成長がすべての問題を解決したが、これからはそのような解決方法が通用しない。中高年世代から何らかの形で所得移転を行わない限り、世代間闘争を完全に終結させることは難しいかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

koiketochiji
小池知事が築地市場移転延期を正式に表明。土壌汚染の実態はどの程度?

 東京都の小池百合子知事は2016年8月31日、築地市場の豊洲への移転延期を正式 …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

kidera
中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …