ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下院に相当する国民議会を通過していることから、同法案は夏にも発効する見通し。
 同性婚の解禁は、リベラルを標榜するオランド政権の目玉政策のひとつであり、大統領選挙でも主要な公約のひとつに掲げられていた。だがカトリック教徒や保守派などから予想以上の反発があり、法案の成立が危ぶまれていた。

 同性婚の反対派は連日大規模なデモを行っており、フランスの国論は現在二分された状況にある。
 法案は何とか通過させたものの、支持率低迷に悩むオランド政権にとっては、この同性婚問題がボディーブローのように効いてくる可能性も出てきている。

 特に与党が警戒しているのは、同性婚に反対する国民の中に、これまでほとんど政治活動を行ったことのない若年層が数多く含まれている点である。しかも、同性婚への反対運動は、ひとつのきっかけにすぎず、デモが世代間闘争の様相を呈してきていることも、懸念材料となっている。

 デモに参加したある若者は「かつて学生運動・労働運動を行った中高年世代がフランスをダメにした」と叫んでいた。日本でも保守系の思想をもつ若年層の多くが、学生運動の世代を厳しく批判している。中高年世代が既得権益化し、社会からほとんど恩恵を受けることができない若年層がこれに強く反発するという構図はグローバルな現象なのである。

 フランスでは、引退したサルコジ元大統領が再び大統領の座を目指して政治活動を開始するという噂が絶えない。サルコジ氏が本格的に活動を開始した場合、これら保守系の若者を取り込み、予想以上の政治勢力に発展する可能性もある。

 ちなみに60年代後半の学生運動・労働運動は、マルクス主義の体裁を取っていたが、その実態は世代間闘争であった。当時は今とは逆に、保守派が既得権益側でリベラルが挑戦する側であった。
 ただ当時と今の最大の違いは、日本もフランスも経済の拡大が望めない環境にあるという点である。かつては経済成長がすべての問題を解決したが、これからはそのような解決方法が通用しない。中高年世代から何らかの形で所得移転を行わない限り、世代間闘争を完全に終結させることは難しいかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

no image
細野豪志環境相が代表選出馬見送り。特に驚きはなし

 民主党代表選への立候補を検討していた細野豪志環境相は出馬を見送る意向を固めたと …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

abedabos2014
抵抗勢力と徹底的に戦うという安倍首相のスピーチは誰に向けられたものか?

 安倍首相は2014年1月22日、スイスで開かれている世界経済フォーラムの年次総 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …