ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?

 

 米海軍は4月18日、最新鋭の沿岸海域戦闘艦(LCS)「フリーダム」をシンガポール・チャンギ海軍基地に配備した。8カ月間のローテーション配置を予定しており、将来的には全4隻態勢となる予定。

 LCSは米海軍が大量配備を進めている小型の水上戦闘艦。高度なコンピュータ・システムを搭載しており、電子兵器や無人兵器などを駆使し、沿岸での軍事活動に従事する。
 大型の航空母艦を中心にした従来型の海軍兵力の概念を180度転換させる画期的な装備といわれている。

  米国がシンガポールに同艦を配備したのは、もちろん中国に対する牽制球のため。
 シンガポールはマラッカ海峡の出入り口に位置しており、中東とアジアを結ぶ交通の要衝となっている。中国は経済成長に伴って世界最大の石油輸入国になりつつあり、中東からの石油に大きく依存している。米国は機動力のある小型艦船をこの海域に集中配備することで、中国がこの海域で制海権を確保することを防ぐ戦略である。

 この動きは地政学的には、アジア太平洋地域の重要拠点が、東から西に動いていることを示している。冷戦時代は朝鮮半島がアジアの火薬庫であり、日本は旧ソ連から西側諸国を守るための盾であった。日本国内に米国最強の海軍兵力(第七艦隊)を配備し、沖縄に大量の海兵隊を常駐させていたのはこのような理由からである。

 だが旧ソ連が崩壊し、米国にとっての脅威は中国に変わった。だが旧ソ連と異なり、中国と米国は全面戦争するつもりはまったくない。中国が主張する海洋権益に対してどれだけ米国が牽制することができるかという局地的ゲームになる。
 そのための重要拠点がシンガポールというわけである。シンガポールはかつての日本のような存在になりつつあり、米国は今後、ますます南シナ海近辺に対するプレゼンスを強化していくことになるだろう。それにともなって、横須賀や佐世保、沖縄などに置かれている米軍基地の役割は年々低下してくることが予想される(本誌記事「オバマ大統領とリー・シェンロン首相の会談で見えてくる米軍の南シナ海へのシフト」参照)。

 かつて日本は保守と革新のイデオロギー対立から、米軍基地の存在をめぐって国論を二分させてきた。現在も米軍基地に関しては感情的な対立も多い。だが地政学的な観点では、日本における米軍基地の存在感はどんどん薄れているというのが現実なのである。好むと好まざるとに関わらず、日本から多くの米軍基地が姿を消す日が近づいているのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

ospray
オスプレイ導入の本質は自衛隊の海外展開能力。そろそろ国民的議論が必要な時期に

 新型輸送機オスプレイ運用をめぐる日米の動きが活発になってきている。米軍と海上自 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

mof02
木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予想すると?

【本記事は2013年6月13日のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …