ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金が導入されていない。最近では格差の問題が政治課題に浮上してきており、秋の連邦議会選挙を控え連立与党内部でも意見の対立が目立っている。
 メルケル首相は、最低賃金導入に理解を示しているが、一方で日刊紙とのインタビューでは、高い最低賃金が経済成長を阻害したり失業率を増大させる可能性にも言及している。

 確かに最低賃金が導入されていないドイツや北欧の失業率は総じて低く、経済成長率は高い。
 2013年2月時点での失業率は、ドイツが5.4%、フィンランドが8.1%、デンマークは7.4%となっている。これに対して最低賃金のあるフランスの失業率は10.8%、スペインは26.3%、ポルトガルは17.5%となっている。

 ただ、必ずしも最低賃金が存在している国の失業率が高いとはいえない部分もある。英国やオランダはドイツや北欧と同様、自由競争主義の国と見られがちだが、最低賃金制度がある。英国の失業率は7.7%、オランダの失業率は6.2%と低い(本誌記事「あまりにも醜い欧州の若年層失業率」参照)。

 またドイツや北欧では法律で定められた最低賃金制度は存在しないが、業種別に定められた労働協約によって実質的に最低賃金が保障されている面もある。意外だがイタリアにも最低賃金は存在せず、ドイツと同様、労働協約が同等の機能を果たしている。だがご存じの通りイタリアの失業率は11.6%と高く、経済は低迷している。
 経済学的にも、最低賃金の存在が経済成長率にどのような影響を与えるのか、またそれによって失業率がどのように変化するのかなど、詳しいことは分かっていない。
 もっともドイツの実質労働コストはフランスやイタリアの半分以下といわれており、雇用制度全般における柔軟な姿勢が価格競争力の源泉になっていることは明らかである。

 日本でも産業競争力会議において、解雇要件の緩和などが議論され始めているほか、65歳までの再雇用義務付けなど、雇用制度をめぐる動きが活発になっている。雇用制度に関する議論は、単に失業率の問題にとどまらず、世代間格差の問題や移民問題など多くの複雑なテーマを内包している。

 日本はデフレによる不況を言い訳に、多くの問題を先送りしてきた。アベノミクスが効果を見せ始めている今、そろそろ雇用制度に関しても包括的な議論を始める時期に差し掛かっている。

 - 政治, 経済

  関連記事

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …

misairuhikaku
北朝鮮が打ち上げた「銀河3号」と韓国のロケット「羅老号」はどう違うのか?

 北朝鮮が打ち上げた長距離弾道ミサイルについて、打ち上げプロジェクトは基本的に成 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

bnppariba
米国が仏BNPパリバに巨額の罰金。背景にはロシアへの武器売却問題なども

 米司法省は2014年6月30日、仏金融機関最大手BNPパリバに対して、89億ド …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

koga
橋下氏の「変節」をブレーンの古賀氏が批判。元官僚をやたら持ち上げる日本社会の病理

 維新の会の橋下代表代行が、脱原発政策について事実上撤回する発言を行ったことに対 …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

no image
台湾の巡視船が尖閣諸島の領海に侵入。投入されているのは最新鋭の船舶

 時事通信によると、25日午前6時ごろ、尖閣諸島において台湾の漁船団数十隻と巡視 …