ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次元の量的緩和策を受け、長期金利の低下が見込まれることから、国内債券への投資を抑制し、外国債券の運用を増やす方針だ。

 マスメディアによる報道の多くは「日本生命が外債投資にシフトし、円安がさらに加速」といった論調だが、実態はかなり異なる。
 同社の2013年度における運用資金は2012年度と比較して1兆円程度増加する。この増加分のうち、7割程度は国内債券などの円資産に配分するとしている。現状の資産ポートフォリオについても約7割が円資産となっており、新しい運用計画も、この方針から大きくはずれるものではない。

 実は同社は以前から外債へのシフトを進めており、外国債権のシェアは1年ごとに1ポイント程度増加してきている。
 現在のおおよそのポートフォリオは、国内債券が53%、国内株式が16%、外国債券が24%、外国株式が7%となっている。ただ全体のバランスを考えると、国内債券の比率を50%以下にすることは難しく、外債のシフトといってもある程度限定的にならざるを得ない。日本の機関投資家の運用が一斉に外債にシフトするいったような状況にはならないだろう(本誌記事「欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?」参照)。

 ただ機関投資家の運用規模は非常に大きく、日本生命だけでも30兆円以上の資金を運用している。このうち1%が外債にシフトしても、3000億円分の円売り材料となる。各社の運用を総合すると日本の貿易赤字1ヶ月分の金額が為替市場に流れ込むことになり、為替に相応の影響を及ぼすことになる。市場に対するイメージとしては円安の効果はあるかもしれない。

 短期的には大きな変化がない可能性が高いが、長期的に見ても状況が同じかどうかは分からない。日本の低金利や円安がこのまま継続する事態となれば、機関投資家の運用スタンスも徐々にではあるが変化してくる。10年後には資産の多くを外債で運用するということは十分にあり得ることである。

 為替市場では1ドル=100円の突破が目前だったが、日本生命の運用方針に大きな変化がないことからドル買いの勢いは強まらず、23日の相場は足踏み状態となった。

 - 経済

  関連記事

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …