ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表した。対前年同期比で売上高は11%増加したが、最終利益は18%の減益となった。減益となったものの、1株当たりの利益が予想の範囲内だったことや増配が好感され、同社の23日の株価は前日比7.46ドル高(1.87%上昇)の406.13ドルで取引を終えた。

 売上高は436億ドル300万ドル(約4兆3340億円)と前年同期比で11%増加した。だが最終利益は95億4700万ドル(約9356億円)と18%の減益であった。減益となった最大の理由は、同社製品の利益率が低下していること。
 同社における今期の原価率は62.5%。前年同期は52.6%だったので10ポイント近く上昇したことになる。製造のアウトソーシング先である中国で人件費が高騰していることや、製造を請け負う鴻海精密工業において、劣悪な労働環境が社会問題化したことなどが影響している可能性が高い。

 もっとも利益率の低下は今に始まったことではない。ただ、今期は利益率の低下に加えて、研究開発費や販売管理費も積み増したことで最終利益の減少につながった。
 主力製品「iPhone」の販売は7%増加、「iPad」は65%増加となっており、販売状況は比較的良好である。また研究開発費の増額も、次世代の製品開発につながる動きであり、全体としてはそれほど悪い印象にはなっていない。

 ただ同社は14兆円にものぼる現金(もしくはそれに類する有価証券)を保有しており、巨額現金の使途については依然から投資家の指摘を受けている(本誌記事「株価暴落と現金退蔵問題にも関わらずAppleの株主総会が平穏だったワケとは?」参照)。今回、増配などの還元策は提示したものの、現金退蔵に対する抜本的なプランを提示したわけではない。
 一時は700ドルを超えていた同社の株価は現在400ドル前後まで下落しており、この株価水準は業績だけを見れば割安といえる。だがこれまでのような驚異的な成長に陰りが見えていきた今、現金の有効な使い道が提示できなければ、大幅な株価の上昇は見込めないだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

rikenbitamin
小保方さん効果?理研をルーツとする「ふえるわかめちゃん」は絶好調

 理化学研究所(理研)をその設立母体とし、「ふえるわかめちゃん」や「わかめスープ …