ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表した。対前年同期比で売上高は11%増加したが、最終利益は18%の減益となった。減益となったものの、1株当たりの利益が予想の範囲内だったことや増配が好感され、同社の23日の株価は前日比7.46ドル高(1.87%上昇)の406.13ドルで取引を終えた。

 売上高は436億ドル300万ドル(約4兆3340億円)と前年同期比で11%増加した。だが最終利益は95億4700万ドル(約9356億円)と18%の減益であった。減益となった最大の理由は、同社製品の利益率が低下していること。
 同社における今期の原価率は62.5%。前年同期は52.6%だったので10ポイント近く上昇したことになる。製造のアウトソーシング先である中国で人件費が高騰していることや、製造を請け負う鴻海精密工業において、劣悪な労働環境が社会問題化したことなどが影響している可能性が高い。

 もっとも利益率の低下は今に始まったことではない。ただ、今期は利益率の低下に加えて、研究開発費や販売管理費も積み増したことで最終利益の減少につながった。
 主力製品「iPhone」の販売は7%増加、「iPad」は65%増加となっており、販売状況は比較的良好である。また研究開発費の増額も、次世代の製品開発につながる動きであり、全体としてはそれほど悪い印象にはなっていない。

 ただ同社は14兆円にものぼる現金(もしくはそれに類する有価証券)を保有しており、巨額現金の使途については依然から投資家の指摘を受けている(本誌記事「株価暴落と現金退蔵問題にも関わらずAppleの株主総会が平穏だったワケとは?」参照)。今回、増配などの還元策は提示したものの、現金退蔵に対する抜本的なプランを提示したわけではない。
 一時は700ドルを超えていた同社の株価は現在400ドル前後まで下落しており、この株価水準は業績だけを見れば割安といえる。だがこれまでのような驚異的な成長に陰りが見えていきた今、現金の有効な使い道が提示できなければ、大幅な株価の上昇は見込めないだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

noumiso
ゲームが認知症に効果があるとの研究で、再び脳トレに注目が集まるか?

 ゲームを通じて脳を鍛えるいわゆる「脳トレ」の効果に関する議論が米国で盛んになっ …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …