ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表した。対前年同期比で売上高は11%増加したが、最終利益は18%の減益となった。減益となったものの、1株当たりの利益が予想の範囲内だったことや増配が好感され、同社の23日の株価は前日比7.46ドル高(1.87%上昇)の406.13ドルで取引を終えた。

 売上高は436億ドル300万ドル(約4兆3340億円)と前年同期比で11%増加した。だが最終利益は95億4700万ドル(約9356億円)と18%の減益であった。減益となった最大の理由は、同社製品の利益率が低下していること。
 同社における今期の原価率は62.5%。前年同期は52.6%だったので10ポイント近く上昇したことになる。製造のアウトソーシング先である中国で人件費が高騰していることや、製造を請け負う鴻海精密工業において、劣悪な労働環境が社会問題化したことなどが影響している可能性が高い。

 もっとも利益率の低下は今に始まったことではない。ただ、今期は利益率の低下に加えて、研究開発費や販売管理費も積み増したことで最終利益の減少につながった。
 主力製品「iPhone」の販売は7%増加、「iPad」は65%増加となっており、販売状況は比較的良好である。また研究開発費の増額も、次世代の製品開発につながる動きであり、全体としてはそれほど悪い印象にはなっていない。

 ただ同社は14兆円にものぼる現金(もしくはそれに類する有価証券)を保有しており、巨額現金の使途については依然から投資家の指摘を受けている(本誌記事「株価暴落と現金退蔵問題にも関わらずAppleの株主総会が平穏だったワケとは?」参照)。今回、増配などの還元策は提示したものの、現金退蔵に対する抜本的なプランを提示したわけではない。
 一時は700ドルを超えていた同社の株価は現在400ドル前後まで下落しており、この株価水準は業績だけを見れば割安といえる。だがこれまでのような驚異的な成長に陰りが見えていきた今、現金の有効な使い道が提示できなければ、大幅な株価の上昇は見込めないだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

towerbridge
英中央銀行がフォワードガイダンスを見直し。これってどういう意味?

 英国の中央銀行であるイングランド銀行は2014年2月12日、金融政策の見通しを …

nichigin04
日銀が緩和の枠組みを金利目標にシフト。量的緩和策は事実上の長期撤退戦へ

 日銀は、2016年6月20日と21日に開催された金融政策決定会合において、従来 …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

nichigin04
家計の金融資産は1700兆円を突破。株式は3年で2倍になった

 日銀は2015年6月29日、1~3月期の資金循環統計を発表した。3月末の家計に …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …