ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活発化している。宮城県仙台市に本社を置く、家庭用プラスチック製品大手アイリスオーヤマは東北産のコメの流通事業に本格参入する。仙台市内の農業生産法人「舞台ファーム」と提携し合弁会社を設立、50億円をかけて大規模な精米工場を建設する。

 新会社は4月末に設立の予定。東北の農家や農業生産法人と契約を結び生産者から米を買い取り、全国の大手スーパーやコンビニエンスストアに販売する。初年度の売り上げは16億円、3年後には100億円を目指す。

 アイリスオーヤマは、家庭用の半透明収納ケースの大ヒットで急成長したメーカー。現在では、家庭用プラスチック製品を中心に、インテリア、ガーデニング、大型家具、家電など様々な商品を製造販売している。海外拠点の整備にも早くから取り組んでおり、極めて高収益体質の企業として知られている。

 TPP締結が農業分野にもたらす影響はいろいろと議論されてきた。農業関係者の中にはTPPへの参加に対して強硬に反対する人も多いが、それは必ずしも生産者(農家)とは限らない。農作物の流通や農業に対する金融システムを担ってきた農業団体がTPPへの参加によって寡占状態が崩れてしまうことを強く警戒しているという側面がある。

 だが一方で、寡占状態の硬直化した流通システムが日本の農業の競争力を弱めてきた面も否定できず、農家の生産性だけでなく農業全体での改革が求められているのも事実である。日本の農作物の中間コストは極めて高く、割高といわれる韓国よりもさらに高いことで知られている(本誌記事「韓国で野菜の流通コストが政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!」参照)。

 アイリスオーヤマの経営能力の高さは同社の業績が証明しており、このような企業が農作物の流通市場に参入することの意義は大きい。同社が運営する精米工場が順調に業績を伸ばすようであれば、日本の農業の問題は生産者側ではなく流通側にあることが明確になる可能性もある。

 ちなみに同社の精米工場で生産されるコメは、小分けパックにして少人数世帯でも買いやすいように工夫されているという。また脱酸素剤が入っており長期間保存も可能だという。工場は2014年2月から生産を開始する。

 - 政治, 経済

  関連記事

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …