ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29億4000万円)ドルで買収したことが明らかになった。米メディアが報じている。

 Waviiはシアトルにあるベンチャー企業。ネット上に存在するあらゆる話題の内容を理解し、自分用のニュースとして要約できるサービスを提供している。
 このサービスに登録したユーザーは、ネット上に自分の好みの話題があると、それを自動選別し、要約を読むことができる。
 同社の技術に対しては米アップルも注目しており、買収に関心を示していたが、グーグルが先んじて買収に成功したという。

 米国のIT業界では、自然言語を処理し、文章の内容を要約したり、文章を自動作成する技術に大きな注目が集まっている。
 米ヤフーは先月、ニュース要約アプリ「Summly」を買収すると発表したばかり。Summlyは、Web上のニュース記事など関連情報を 抽出し「iPhone」の1画面に収まる簡潔な文章に要約するというアプリを開発している。この技術は16歳の天才高校生が開発したとして大きな話題となった(本誌記事「まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに売却!」参照)。ヤフーでは早速、Summlyの技術を使ったiOSのアプリを発表している。

 Googleはこのほか、データを収集し自動的に記事やレポートを作成するエンジンを開発しているベンチャー企業Narrative Scienceとも提携するなど、自然言語処理分野への対応を進めている。同社のエンジンは米フォーブス誌が採用しており、一部の記事は記者の手を経ず、コンピュータが自動的に作成しているという。

 各社がこの分野に注力し始めたことで、言語をめぐる環境が激変する可能性が出てきた。これまで文章を作成したり、データをまとめて意味付けすることは、コンピュータにとって不得意と考えられてきたがその前提が崩れつつある。

 ホワイトカラーの仕事は一般に高度だと思われているが実はそうではない。データを収集したり、それをまとめて定型文に落とし込むなど、文書作成に関する単純作業が労働時間の多くを占めている。この部分が自動化されると、実はホワイトカラーの雇用の多くが不必要であったことが白日の下に晒される可能性があるのだ。マスコミの記事も多くが提携フォーマットに基づいた単純なものであり、こうしたエンジンで代替が可能といわれている。
 文章を作成したりデータをまとめることだけを付加価値にしてきたホワイトカラーにとっては、まさに受難の時代になりそうだ。

 - マスコミ, 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …