ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロントリテイリングがパルコ株65%の株式を取得して子会社化した。

 パルコの揉め事が発生したのは2010年。発端はパルコ側が、同社の大株主でパルコ支援の恩人でもあった森トラストに事前の相談をすることなく政策投資銀行と資本提携したこと。
 森トラストが猛反発し、経営陣の刷新を求める事態に発展した。さらにイオンが森トラスト側に加わり、パルコに圧力をかけた。

 一旦は、社長交代とイオンとの業務提携ということで決着がついたのだが、パルコ側はイオンとのシナジーが見込めないとして、イオンと森トラスト側の言うことを聞かない。そこに乗じて出てきたのが、大丸や松坂屋を抱えるJフロントである。

 結局、パルコにあまり口出しをしないことを約束したと思われるJフロントの傘下に入ることで最終決着し、森トラストとイオン側は敗北した。

 一連のゴタゴタを整理すると、とにかくプライドが高く口出しをされたくないパルコと、とにかく縮小市場の中で、何でもありの大手流通企業のせめぎあいという構図が見えてくる。

 パルコは堤清二氏が1969年に創立した会社。バブル時代には「文化を売る」企業として若い世代を中心に高いブランドイメージを誇った。
 だが時は移り、大衆スーパーであるイオンがパルコの買収を画策する時代になった。お高くとまっているパルコとしてはプライドが許せないといったところかもしれない。では大丸や松坂屋と組むことでどんなメリットがあるのか?明確に説明できる人はいないだろう。

 もっとも、若い顧客層を維持しているパルコだが、年々オッサン化、オバサン化が進んでいるという指摘もある。そのうち、こういった店舗に通うのは昭和な雰囲気ムンムンの中高年層ばかりになり、イオンも大丸もパルコも皆同じになってしまうかもしれない。

 その証拠にパルコの秋商戦のCMは、ヤハマ出身の女性ピアニストを全面に出した「バブル期と見まがうような」(広告関係者)内容。

 ゴタゴタに終止符を打ったパルコだが、「昭和」を脱却し、新しい方向性を開拓できるのだろうか?

 - 経済

  関連記事

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

kuroda02
これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …