ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロントリテイリングがパルコ株65%の株式を取得して子会社化した。

 パルコの揉め事が発生したのは2010年。発端はパルコ側が、同社の大株主でパルコ支援の恩人でもあった森トラストに事前の相談をすることなく政策投資銀行と資本提携したこと。
 森トラストが猛反発し、経営陣の刷新を求める事態に発展した。さらにイオンが森トラスト側に加わり、パルコに圧力をかけた。

 一旦は、社長交代とイオンとの業務提携ということで決着がついたのだが、パルコ側はイオンとのシナジーが見込めないとして、イオンと森トラスト側の言うことを聞かない。そこに乗じて出てきたのが、大丸や松坂屋を抱えるJフロントである。

 結局、パルコにあまり口出しをしないことを約束したと思われるJフロントの傘下に入ることで最終決着し、森トラストとイオン側は敗北した。

 一連のゴタゴタを整理すると、とにかくプライドが高く口出しをされたくないパルコと、とにかく縮小市場の中で、何でもありの大手流通企業のせめぎあいという構図が見えてくる。

 パルコは堤清二氏が1969年に創立した会社。バブル時代には「文化を売る」企業として若い世代を中心に高いブランドイメージを誇った。
 だが時は移り、大衆スーパーであるイオンがパルコの買収を画策する時代になった。お高くとまっているパルコとしてはプライドが許せないといったところかもしれない。では大丸や松坂屋と組むことでどんなメリットがあるのか?明確に説明できる人はいないだろう。

 もっとも、若い顧客層を維持しているパルコだが、年々オッサン化、オバサン化が進んでいるという指摘もある。そのうち、こういった店舗に通うのは昭和な雰囲気ムンムンの中高年層ばかりになり、イオンも大丸もパルコも皆同じになってしまうかもしれない。

 その証拠にパルコの秋商戦のCMは、ヤハマ出身の女性ピアニストを全面に出した「バブル期と見まがうような」(広告関係者)内容。

 ゴタゴタに終止符を打ったパルコだが、「昭和」を脱却し、新しい方向性を開拓できるのだろうか?

 - 経済

  関連記事

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

oushuisitugyouritu
もうここからは下がりようがない?欧州の高い失業率に下げ止まりの兆候

 欧州経済低迷の象徴といわれ、大きな社会問題にもなっているEU各国の失業率に下げ …

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …