ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談している。習氏は4月24日、中国を訪問中の米国のキッシンジャー元国務長官、ポールソン元財務長官と相次いで会談を行った。
 前日には米国のデンプシー統合参謀本部議長との会談やオバマ大統領との電話会談を行ったばかり。北朝鮮問題への対応という表面的な動きの背後で、米中関係の再構築が着々と進められている(本誌記事「デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?」参照)。

 キッシンジャー元国務長官は、ニクソン政権当時、大統領の電撃的な中国訪問と米中国交回復の立役者となった政治家。パキスタン経由で秘密裏に中国に入り、当時の毛沢東首席と米中国交回復の直接交渉を行った。

 キッシンジャー氏はすでに過去の人物であり、現在の米国政界で権力を持っているわけではないが、米中国交回復のキーマンとして、今でも高い名声を誇っている。911テロの発生時にはキッシンジャー氏の「これは真珠湾攻撃である」との発言が当時のブッシュ政権による戦争発動の後ろ盾になったともいわれる。

 ポールソン元財務長官はゴールドマンサックス出身。米国金融界に対しては現在でも高い影響力を持っているといわれる。習氏が共産党総書記に選出されてから、たびたび中国を訪問し、中国とウォールストリートの橋渡し役を演じている。
 キッシンジャー氏もかつては、中国でビジネスを展開したい金融機関や大企業からの強力なバックアップを受けていた人物であり、両氏はいい意味でも悪い意味でも、米国の中国利権を代表する人物といってよい。

 習氏が米中国交回復の歴史的人物であるキッシンジャー氏とわざわざ会談したのは、米国に対して対話にオープンであることをアピールする一方、米中関係には長い歴史があり、一方的に現在の米国側の主張を中国にぶつけるべきではないという牽制球と思われる。

 いずれにせよ、米中両国がより緊密な関係の構築を目指しているのは明らかであり、その中には経済、金融面での連携に加えて、安全保障面での連携も含まれている。下手をすると日本は蚊帳の外になりかねない状態であり、米中関係の進展には目を光らせておく必要がある。

 - 政治, 経済

  関連記事

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

obamacare
まるで日本の電子政府!オバマケアの中核となるWebサイトでトラブル連発

 米国の医療保険制度改革(いわゆるオバマケア)の中核となるWebサイトが不具合を …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

kitachousenkakujikken
北朝鮮が3回目の核実験を強行。ただ朝鮮半島が一気に緊迫化するのかは不透明

 北朝鮮は12日午前11時57分頃、北朝鮮北部の核関連施設において3回目の核実験 …

shukimpeigermany
中国が安心して「日本はドイツに見習え」と主張できるようになった理由

 中国の習近平国家主席が、ドイツ訪問をきっかけに「日本はドイツを見習え」という趣 …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …