ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談している。習氏は4月24日、中国を訪問中の米国のキッシンジャー元国務長官、ポールソン元財務長官と相次いで会談を行った。
 前日には米国のデンプシー統合参謀本部議長との会談やオバマ大統領との電話会談を行ったばかり。北朝鮮問題への対応という表面的な動きの背後で、米中関係の再構築が着々と進められている(本誌記事「デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?」参照)。

 キッシンジャー元国務長官は、ニクソン政権当時、大統領の電撃的な中国訪問と米中国交回復の立役者となった政治家。パキスタン経由で秘密裏に中国に入り、当時の毛沢東首席と米中国交回復の直接交渉を行った。

 キッシンジャー氏はすでに過去の人物であり、現在の米国政界で権力を持っているわけではないが、米中国交回復のキーマンとして、今でも高い名声を誇っている。911テロの発生時にはキッシンジャー氏の「これは真珠湾攻撃である」との発言が当時のブッシュ政権による戦争発動の後ろ盾になったともいわれる。

 ポールソン元財務長官はゴールドマンサックス出身。米国金融界に対しては現在でも高い影響力を持っているといわれる。習氏が共産党総書記に選出されてから、たびたび中国を訪問し、中国とウォールストリートの橋渡し役を演じている。
 キッシンジャー氏もかつては、中国でビジネスを展開したい金融機関や大企業からの強力なバックアップを受けていた人物であり、両氏はいい意味でも悪い意味でも、米国の中国利権を代表する人物といってよい。

 習氏が米中国交回復の歴史的人物であるキッシンジャー氏とわざわざ会談したのは、米国に対して対話にオープンであることをアピールする一方、米中関係には長い歴史があり、一方的に現在の米国側の主張を中国にぶつけるべきではないという牽制球と思われる。

 いずれにせよ、米中両国がより緊密な関係の構築を目指しているのは明らかであり、その中には経済、金融面での連携に加えて、安全保障面での連携も含まれている。下手をすると日本は蚊帳の外になりかねない状態であり、米中関係の進展には目を光らせておく必要がある。

 - 政治, 経済

  関連記事

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

yahoo02
低迷する米Yahooが何とか高収益を保っているのはヤフージャパンとアリババのおかげ?

 インターネット大手の米Yahooは7月16日、2013年第2四半期の決算を発表 …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

imyonbaku
李明博大統領が退任を前に恒例の特赦を実施。韓国でこの風習がなくならないワケ

 韓国の李明博大統領は、退任を前にして約50人に対する特別赦免(特赦)を実施する …