ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が2隻目の空母建造を公式に明言。初の空母「遼寧」よりも一回り大型となる見込み

 

 中国海軍の宋学副参謀長は4月23日、北京で開かれた海軍創立64周年の記念式典において、中国が2隻目の空母を建造する方針であることを明らかにした。

 中国海軍は昨年9月、中国初の空母「遼寧」を就航させている。
 「遼寧」はウクライナから購入した空母「ワリャーク」を大規模改修 したもので、実戦配備よりも、空母運用のノウハウを蓄積する目的が大きいといわれている。3月には母港、青島への着岸を完了し、今後は青島を拠点に、訓練を続ける方針である。

 中国にとっては、2隻目となる空母がおそらく本格的な実戦配備用の艦ということになる。2隻目の空母についてはすでにいろいろな噂が流れているが、軍幹部が建造を明言したのは初めて。

 副参謀長によれば、次の空母は「遼寧」よりも大型になるという。また艦載機の数も増やし、1隻につき少なくとも2つの飛行団を所属させたいとしている。
 遼寧の基準排水量は5万5000トン、満載排水量は67500トンである。これより一回り大きいとなると、7万トンから8万クラスが予想される。ちなみに米国の主力空母は10万トンを超えており、7万トンは大型の強襲揚陸艦クラスの大きさということになる。

 遼寧はスキージャンプ方式を採用しており、艦載機の発艦にカタパルト(射出装置)を使用しない。艦首の飛行甲板が14度ほど傾斜しており、艦載機は自力で滑走して飛び上がる。
  これに対して米国の空母はカタパルトを使用して艦載機を発艦させる方式。カタパルトは艦載機を瞬時に加速させることができるため、短時間で大量の艦載機を発艦させることができる。だがカタパルトの整備には高い技術が要求されるほか、稼動には莫大なエネルギーが必要になることから、原子力空母でなければ実用的な運用は困難といわれる。

 現時点では推測の域を出ないが、次世代の空母は遼寧を一回り大きくした通常型の空母で、遼寧と同様スキージャンプ方式になると見込まれる。

 カタパルト方式はメンテナンスに手間がかかり、1年のうち半分はドックに入っているのが普通(米国の空母も1年のうち半分しか稼働できない)。スキージャンプ方式の方が稼働率は高いが、戦闘能力はかなり落ちることになる。2隻の空母を配備すれば、それなりのローテーションが組める可能性が高いが、攻撃力は限定的だろう。

 ただ、現実的な攻撃能力はともかく、空母を保有しているというプレゼンスは極めて大きいというのも事実。もし中国が2隻目の空母を建造し、実践配備した際には、日本近海における中国海軍の影響力は極めて大きなものになるだろう(本誌記事「中国初の空母「遼寧」が青島に配備。地政学的にそれが意味すること」参照)。

 - 政治

  関連記事

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

timo
レイア姫そっくりのウクライナ元首相、上告棄却で禁固刑確定

 職権乱用罪に問われていたウクライナのティモシェンコ前首相の控訴審で、上級裁判所 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

ronaldreganyokosuka
米空母ロナルド・レーガンが横須賀に配備。海自の護衛艦いずもが先導

 米第七艦隊の主力空母として昨年5月まで横須賀基地に配備されていた「ジョージ・ワ …

hoppouryoudo
森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談し …

hiranuma
維新の会と石原新党が急接近。橋下氏のたちあがれ批判は戦略?

 基本政策の違いをめぐって駆け引きが行われていた維新の会と石原新党(たちあがれ日 …