ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通しを上方修正すると発表した。円安と株高によって収入が想定を上回ったためと説明しており、主要メディアの多くが同社の説明をそのまま報道した。
 だが修正内容を詳細に見ると、違った側面が見えてくる。円安と株高の影響も確かにあるが、資産売却による利益のかさ上げが含まれており、必ずしも本業が回復しているわけではないのだ。

 同社は2013年2月時点で業績見通しを売上高6兆6000億円、営業利益を1300億円としていた。
 だが今回の上方修正で売上高は6兆8000億円、営業利益は2300億円に引き上げた。円安で収益が改善したほか、株高で同社の金融事業(ソニー生命)の業績が向上したことが主な要因としている。

 だが業績改善の理由はほかにもある。同社が保有する不動産の売却益である。
 同社はこのところ自社が保有する不動産の売却を急ピッチで進めている。その中には、グローバル・カンパニーの象徴でもあったニューヨーク・マジソン・アベニューの本社ビルやソニーシティ大崎など、超優良物件が含まれている。両不動産とも1000億円以上の価値がある(本誌記事「REITが次々と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?」参照)。

 同社の第3四半期までの累積営業利益はわずか800億円。修正前の通年見通しは1300億円と妥当な水準だったが、今回の上方修正では一気に2300億円になっている。いくら円安と株高が進んだからといって、過去9ヶ月分の利益の2倍にのぼる額をわずか3か月で達成するというのは無理がある。その秘密が不動産の売却益というわけである。

 本来、日本の会計基準では不動産の売却益は営業利益として計上することはできない。だが同社は米国基準を採用しているという理由で、営業利益の中に売却益を含めて表示している。前回までの1300億円という数字が本来の業績なのだとすると、ソニーが復活したとはとてもいえない状況である。

 米国基準といえば聞こえはいいが、ソニーはれっきとしたモノづくりのメーカーに回帰したはず。ソニーはいつから不動産会社になってしまったのだろうか?

 - 経済

  関連記事

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

sharp
シャープが最大1500億円の公募増資を実施。財務的な危機は脱することができるが・・・・

 経営再建中のシャープは9月18日、約1500億円の公募増資と175億円の第三者 …