ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通しを上方修正すると発表した。円安と株高によって収入が想定を上回ったためと説明しており、主要メディアの多くが同社の説明をそのまま報道した。
 だが修正内容を詳細に見ると、違った側面が見えてくる。円安と株高の影響も確かにあるが、資産売却による利益のかさ上げが含まれており、必ずしも本業が回復しているわけではないのだ。

 同社は2013年2月時点で業績見通しを売上高6兆6000億円、営業利益を1300億円としていた。
 だが今回の上方修正で売上高は6兆8000億円、営業利益は2300億円に引き上げた。円安で収益が改善したほか、株高で同社の金融事業(ソニー生命)の業績が向上したことが主な要因としている。

 だが業績改善の理由はほかにもある。同社が保有する不動産の売却益である。
 同社はこのところ自社が保有する不動産の売却を急ピッチで進めている。その中には、グローバル・カンパニーの象徴でもあったニューヨーク・マジソン・アベニューの本社ビルやソニーシティ大崎など、超優良物件が含まれている。両不動産とも1000億円以上の価値がある(本誌記事「REITが次々と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?」参照)。

 同社の第3四半期までの累積営業利益はわずか800億円。修正前の通年見通しは1300億円と妥当な水準だったが、今回の上方修正では一気に2300億円になっている。いくら円安と株高が進んだからといって、過去9ヶ月分の利益の2倍にのぼる額をわずか3か月で達成するというのは無理がある。その秘密が不動産の売却益というわけである。

 本来、日本の会計基準では不動産の売却益は営業利益として計上することはできない。だが同社は米国基準を採用しているという理由で、営業利益の中に売却益を含めて表示している。前回までの1300億円という数字が本来の業績なのだとすると、ソニーが復活したとはとてもいえない状況である。

 米国基準といえば聞こえはいいが、ソニーはれっきとしたモノづくりのメーカーに回帰したはず。ソニーはいつから不動産会社になってしまったのだろうか?

 - 経済

  関連記事

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

yahoojapan
ヤフーの通販サイト出店無料化は、近い将来マクロ経済にも影響を与える?

 ヤフーがネット通販サイトとオークションサイトへの出店料を無料にするという大胆な …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …