ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四半期の失業率は27.2%となり、過去最悪の水準を更新した。若年層の失業率に至っては57%と壊滅的状況だ。

 フランス労働省も同日、3月の失業者数を発表している。それによるとフランスの失業者数は前月比1.2%増の322万5000人となり、1996年の統計開始以来、最悪となった。

 実はフランス労働省の調査はILO(国際労働機関)に準拠しておらず、失業率も公表されない。このため同省が発表する数値はあまり信用されていないのが実情。
 ただ、失業者数の増加を考えると、同国の失業率の数字も悪化している可能性が高い。ちなみにEUが発表したフランスの2月時点での失業率は10.8%となっている(本誌記事「あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?」参照)。

 フランスでは失業者数増加に対する激しいデモが起こっており、一部では憲兵隊とデモ参加者が衝突する事態となっている。またスペインでも、緊縮財政に対する批判が日増しに高まっている。

 フランスやスペインでは、多くの人が、EUが各国に緊縮財政を強要していることで失業率が増加していると考えている。このため財政再建を強く主張するドイツや北欧諸国に対する反発が根強い。
 一方ドイツは、両国の失業率が高止まりしているのは、労働組合が強く、雇用に流動性がないからだとしている。実際、フランスやスペインでは正社員と非正規社員の待遇の差が激しく、正規社員はよほどのことがない限り解雇することができない。この影響で、若年層はほとんど就職ができない状態に陥っている。

 当初は好調な経済をバックに、ドイツが緊縮路線を主導してきたが、イタリアの政局混乱によってその状況に変化が生じている。フランスやスペインと同様、高い失業率(11.6%)に悩むイタリアでは、ドイツ主導の緊縮路線に国民が反発、モンティ首相が辞任する事態となった。
 その後の総選挙では、ユーロからの脱退を扇動的に主張する野党勢力が大幅に勢力を伸ばす結果となっている。最終的には、複数政党の連立内閣となる可能性が高く、ユーロ脱退というような過激な政策は回避される見込みだが、少なくともイタリアの新政権が緊縮路線の緩和を主張する可能性は高い(本誌記事「イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた」参照)。

 今回の失業率悪化やイタリアでの新政権樹立が、EUにおける緊縮路線に何らかの影響を与えるのはほぼ必至の状況となっている。

 - 政治, 経済

  関連記事

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …