ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持を受けていることが明らかになった。
 石破氏が地方票で圧倒的な差を付けた背景には、石破氏本人に対する支持に加えて、小泉進次郎青年局長の影響が大きい。

 小泉氏はいわずとしれた小泉元首相の次男。父親譲りのワンフレーズポリティクスでカリスマ的な人気がある。現在は党の青年局長として全国を遊説している。
 総裁選を前に、誰を支持するかは明言しないとしていたが、石破氏を支持していることはかなり明確になっていた。石破氏が圧倒的な地方票を獲得したのは、小泉氏とのタッグがあった効果が大きい。

 小泉氏と石破氏が狙うのは、次の次の政権。今回の総裁選はその足場固めといえる。今回の選挙後、安倍新総裁は圧倒的な地方票を獲得した石破氏を無視することはできず、ただちに幹事長に据えることを発表した。政権獲得後は主要閣僚で処遇する可能性も高い。

 もっとも石破、小泉チームにも死角はある。自民党は歴史的に、地方からの要求と、財界や米国からの要求のバランスを取ることで政権を維持してた。
 例えば農業政策については、コメの自由化は当初から決まっているが、地方に対してはこれを阻止するスタンスを見せ、最終的には補助金をばら撒いて解決するという手法である。

 このため地方の支持は重要ではあるものの、地方票がベースの議員は、常にNo2に甘んじるというジンクスがある。今回、石破氏に投票した地方の党員は、農業や土建業に従事している人が多い。残念ながら今の日本では、年々影響力を失いつつある人たちである。

 一方でグローバル経済の波が波及し、日本は製造業まで補助金に頼らざるを得ない状況に追い込まれている。旧来の自民党支持者層が強固な支持基盤であり続けられるのかは不透明だ。

 いずれにせよ、思わぬ底力を見せた石破、小泉氏の動向には要注目だ。

 - 政治

  関連記事

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

7thfleet
安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は20 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

tennouheika
生前退位のご意向を政府関係者が否定。日本の民主主義が問われる局面に

 天皇陛下が生前退位の意向を示されたことに関して、政府関係者がこれを否定するとい …

shukinpei03
ボアオ・アジアフォーラムで習近平氏が国家主席就任後、日本側要人と初めて会談

 中国の習近平国家主席は4月8日、博鰲(ボアオ)アジアフォーラムに出席し、同フォ …