ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持を受けていることが明らかになった。
 石破氏が地方票で圧倒的な差を付けた背景には、石破氏本人に対する支持に加えて、小泉進次郎青年局長の影響が大きい。

 小泉氏はいわずとしれた小泉元首相の次男。父親譲りのワンフレーズポリティクスでカリスマ的な人気がある。現在は党の青年局長として全国を遊説している。
 総裁選を前に、誰を支持するかは明言しないとしていたが、石破氏を支持していることはかなり明確になっていた。石破氏が圧倒的な地方票を獲得したのは、小泉氏とのタッグがあった効果が大きい。

 小泉氏と石破氏が狙うのは、次の次の政権。今回の総裁選はその足場固めといえる。今回の選挙後、安倍新総裁は圧倒的な地方票を獲得した石破氏を無視することはできず、ただちに幹事長に据えることを発表した。政権獲得後は主要閣僚で処遇する可能性も高い。

 もっとも石破、小泉チームにも死角はある。自民党は歴史的に、地方からの要求と、財界や米国からの要求のバランスを取ることで政権を維持してた。
 例えば農業政策については、コメの自由化は当初から決まっているが、地方に対してはこれを阻止するスタンスを見せ、最終的には補助金をばら撒いて解決するという手法である。

 このため地方の支持は重要ではあるものの、地方票がベースの議員は、常にNo2に甘んじるというジンクスがある。今回、石破氏に投票した地方の党員は、農業や土建業に従事している人が多い。残念ながら今の日本では、年々影響力を失いつつある人たちである。

 一方でグローバル経済の波が波及し、日本は製造業まで補助金に頼らざるを得ない状況に追い込まれている。旧来の自民党支持者層が強固な支持基盤であり続けられるのかは不透明だ。

 いずれにせよ、思わぬ底力を見せた石破、小泉氏の動向には要注目だ。

 - 政治

  関連記事

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

chousensoren
東京・九段にある朝鮮総連本部ビルがとうとう競売に。思いのほか建物はボロボロだった

 長年にわたって朝鮮総連の拠点となってきた、東京都千代田区にある朝鮮総連中央本部 …