ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリンを使用した可能性があることを明らかにした。これを受けて議会からはアサド政権に対する軍事力の行使や反政府勢力への直接支援の声が高まる一方、オバマ大統領は慎重な姿勢を崩していない。
 アサド政権の化学兵器疑惑は、人道上の問題というよりも、米国内部の政治的な駆け引きの材料になりつつある。

 オバマ大統領はこれまで一貫してシリアに対する武力介入に慎重なスタンスを取ってきた。だが議会の一部勢力は、オバマ大統領のこうした姿勢を弱腰であると批判している。

 共和党の重鎮で、米上院軍事委員会に所属するマケイン議員らは4月24日、ホワイトハウスに対してアサド政権の化学兵器疑惑について、米政府の正式見解を尋ねる書簡を送付した。
 ホワイトハウスは翌25日、回答を行ったが、その中で、アサド政権がサリンを使用したことに関して「ある程度の確信」があるとした。

 米政府がアサド政権の化学兵器使用を公式に認めたのは初めてのことである。ただ、使用時期や具体的な実施状況は詳細には把握しておらず、対応策を決めるには「信頼に足る確固たる事実」が必要だとしている。

  二期目を迎えたオバマ大統領は、中東からアジアへの軍事力の大胆なシフトを実行しようとしている(リバランス戦略)。これには軍の大規模なリストラを伴うことや、中東の同盟国イスラエルとの関係などから、国内には反発の声も大きい(本誌記事「オバマ大統領が就任以来初めてイスラエルを訪問。イスラエルとの蜜月は終わりの始まり?」参照)。
 だがオバマ大統領は中東問題へのコミットを減らす方針を堅持しており、シリアに対しても、化学兵器を使用するといったレッドラインを超える事態にならなければ、軍事介入は行わないとしてきた。

 その背景には、アサド政権も自国に不利になるような行為は行わないだろうというオバマ大統領の読みがあったと思われる。だが今回、化学兵器の使用がほぼ明らかになったことで、その前提が崩れ去ってしまった。一部には、化学兵器使用という情報が、イラクの大量破壊兵器と同様、真実ではないとの噂も出ている。

 とりあえずオバマ大統領は、国連などの徹底した調査が必要との見解を強調しており、次のアクションはその結果待ちということになる。もっとも、オバマ大統領の介入に対する慎重姿勢はほとんど変化していないと言われており、仮に介入に踏み切るとしても、反体制派への軍事支援など間接的なものにとどまるとの見方が大半だ。

 - 政治

  関連記事

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …