ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリンを使用した可能性があることを明らかにした。これを受けて議会からはアサド政権に対する軍事力の行使や反政府勢力への直接支援の声が高まる一方、オバマ大統領は慎重な姿勢を崩していない。
 アサド政権の化学兵器疑惑は、人道上の問題というよりも、米国内部の政治的な駆け引きの材料になりつつある。

 オバマ大統領はこれまで一貫してシリアに対する武力介入に慎重なスタンスを取ってきた。だが議会の一部勢力は、オバマ大統領のこうした姿勢を弱腰であると批判している。

 共和党の重鎮で、米上院軍事委員会に所属するマケイン議員らは4月24日、ホワイトハウスに対してアサド政権の化学兵器疑惑について、米政府の正式見解を尋ねる書簡を送付した。
 ホワイトハウスは翌25日、回答を行ったが、その中で、アサド政権がサリンを使用したことに関して「ある程度の確信」があるとした。

 米政府がアサド政権の化学兵器使用を公式に認めたのは初めてのことである。ただ、使用時期や具体的な実施状況は詳細には把握しておらず、対応策を決めるには「信頼に足る確固たる事実」が必要だとしている。

  二期目を迎えたオバマ大統領は、中東からアジアへの軍事力の大胆なシフトを実行しようとしている(リバランス戦略)。これには軍の大規模なリストラを伴うことや、中東の同盟国イスラエルとの関係などから、国内には反発の声も大きい(本誌記事「オバマ大統領が就任以来初めてイスラエルを訪問。イスラエルとの蜜月は終わりの始まり?」参照)。
 だがオバマ大統領は中東問題へのコミットを減らす方針を堅持しており、シリアに対しても、化学兵器を使用するといったレッドラインを超える事態にならなければ、軍事介入は行わないとしてきた。

 その背景には、アサド政権も自国に不利になるような行為は行わないだろうというオバマ大統領の読みがあったと思われる。だが今回、化学兵器の使用がほぼ明らかになったことで、その前提が崩れ去ってしまった。一部には、化学兵器使用という情報が、イラクの大量破壊兵器と同様、真実ではないとの噂も出ている。

 とりあえずオバマ大統領は、国連などの徹底した調査が必要との見解を強調しており、次のアクションはその結果待ちということになる。もっとも、オバマ大統領の介入に対する慎重姿勢はほとんど変化していないと言われており、仮に介入に踏み切るとしても、反体制派への軍事支援など間接的なものにとどまるとの見方が大半だ。

 - 政治

  関連記事

nouchi
コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改 …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

cybertero
米ITセキュリティ会社が、中国人民解放軍をハッカー首謀者と断定する報告書を公開

 米国の情報セキュリティー会社マンディアントは19日、米国に対するハッカー攻撃の …

danjobyoudo
男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること

 フランス政府は30日、女性差別を解消するための対策を発表した。職場での女性差別 …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …