ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)をまとめた。
 焦点となっていた物価上昇率については、2015年度にプラス1.9%になるとし、物価目標である2%をほぼ達成できるとした。日銀が展望リポートで3年分の物価見通しを示すのは初めて。

 日銀の黒田総裁は2%の物価目標を2年で達成すると明言している(本誌記事「日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大。壮大な社会実験が始まる!」参照)。
 このため具体的な物価見通しを示す展望レポートにどのような内容が記載されるのか、多くの市場関係者が注目していた。

 結果は今年(2013年度)が0.7%、来年(2014年度)が1.4%、再来年(2015年度)が1.9%という数字であった。2年後には目標値の2%をほぼ達成するというストーリーである。

 ただ2%までの道筋には若干の無理も見受けられる。各政策委員の見通しにブレがあるのだ。2013年度の見通しにおける最小値は0.4%、最大値は0.8%である。これが2014年度になると最小値0.7%、最大値1.6%になり、2015年度では最小値0.9%、最大値2.2%とその差が大きくなってくる。これは物価目標の実現に懐疑的な政策委員が存在していることを示している(本誌記事「黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?」参照)

 また実質GDPの見通しについても、2013年度は公共事業の効果によって2.9%成長するとしているが、2014年度は1.4%、2015年度は1.6%と、来年以降についてはあまり高い数値を想定していない。GDPが高成長することにはあまり期待していないが、物価は順調に上昇すると想定している。つまりインフレがかなり進むという判断だ。
 実際、展望レポートでは物価上昇の道筋として「マクロ的な需給バランスの改善」と「中長期的な予想物価上昇率の高まり」の2つをあげている。少なくとも半分は、期待感によってのみ物価を押し上げることが想定されているのである。

 日銀は経済成長が伴うかどうかはともかく、2%までは何とか金融政策で物価を上げることは可能としている。もしそうだとすると、GDP成長が伴った物価上昇になるのか、それとも単なるインフレで生活が苦しくなるのかは、政府の成長戦略にかかっているということになる。

 成長戦略の策定では、公共事業を重視するかと思われていたが、一方で産業競争力会議において竹中平蔵氏が大胆な構造改革プランを提示するなど、競争政策を導入するプランも急浮上している。政府の成長戦略の重要性がますます高まっている。

 - 経済

  関連記事

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

softbanksprint
ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …