ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)をまとめた。
 焦点となっていた物価上昇率については、2015年度にプラス1.9%になるとし、物価目標である2%をほぼ達成できるとした。日銀が展望リポートで3年分の物価見通しを示すのは初めて。

 日銀の黒田総裁は2%の物価目標を2年で達成すると明言している(本誌記事「日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大。壮大な社会実験が始まる!」参照)。
 このため具体的な物価見通しを示す展望レポートにどのような内容が記載されるのか、多くの市場関係者が注目していた。

 結果は今年(2013年度)が0.7%、来年(2014年度)が1.4%、再来年(2015年度)が1.9%という数字であった。2年後には目標値の2%をほぼ達成するというストーリーである。

 ただ2%までの道筋には若干の無理も見受けられる。各政策委員の見通しにブレがあるのだ。2013年度の見通しにおける最小値は0.4%、最大値は0.8%である。これが2014年度になると最小値0.7%、最大値1.6%になり、2015年度では最小値0.9%、最大値2.2%とその差が大きくなってくる。これは物価目標の実現に懐疑的な政策委員が存在していることを示している(本誌記事「黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?」参照)

 また実質GDPの見通しについても、2013年度は公共事業の効果によって2.9%成長するとしているが、2014年度は1.4%、2015年度は1.6%と、来年以降についてはあまり高い数値を想定していない。GDPが高成長することにはあまり期待していないが、物価は順調に上昇すると想定している。つまりインフレがかなり進むという判断だ。
 実際、展望レポートでは物価上昇の道筋として「マクロ的な需給バランスの改善」と「中長期的な予想物価上昇率の高まり」の2つをあげている。少なくとも半分は、期待感によってのみ物価を押し上げることが想定されているのである。

 日銀は経済成長が伴うかどうかはともかく、2%までは何とか金融政策で物価を上げることは可能としている。もしそうだとすると、GDP成長が伴った物価上昇になるのか、それとも単なるインフレで生活が苦しくなるのかは、政府の成長戦略にかかっているということになる。

 成長戦略の策定では、公共事業を重視するかと思われていたが、一方で産業競争力会議において竹中平蔵氏が大胆な構造改革プランを提示するなど、競争政策を導入するプランも急浮上している。政府の成長戦略の重要性がますます高まっている。

 - 経済

  関連記事

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …