ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネラル・エレクトリック(GE)社の金融事業部門が、銃乱射事件の余波で銃砲店に対する融資を打ち切ったと米メディアが報じたが、この背景がちょっと複雑なのだ。

 GEが融資を打ち切ったのは、銃規制を求める米国世論に配慮してのことだが、理由はそれだけではない。
 同社はコネティカット州フェアフィールドに本拠を置いており、同社の従業員の多くが事件のあったニュータウン周辺に住んでいる。
 従業員の子供の何人かは事件が発生した小学校に通っていて、しかも、銃乱射事件の犯人の父親は、同社の幹部なのである。
 同社は議論の末、銃砲店への貸し出しの停止を決定したという。

 ただ、同社の決定には疑問の声も出ている。確かに事件現場の近くに位置し、幹部の家族が犯行に関わっているという状況ではこうした決断もやむを得ないかもしれない。だが一方で、銃規制の反対派や融資を打ち切られた零細商店主からすれば納得できない決断であるのも事実だ。

 銃規制に反対している全米ライフル協会などは、銃が問題なのではなく、精神疾患を抱えた人間が銃を扱うことに問題があると強く主張している。同協会は、攻撃用ライフルなどの規制にも強行に反対しており、あまり説得力がないのだが、道具ではなく人の方に問題があるという考え方は、過剰な規制に反対する多くの米国人の中で共有されている(本誌記事「銃規制の議論が高まる米国で、銃所有者の住所氏名を検索できるサイトが登場」参照)。

 銃規制法案の特別チームを率いるバイデン副大統領は、護身用に銃が必要なら「散弾銃を持つべきだ」と強調しており、銃を所有すること自体は当然であるというスタンスだ。また自らも銃乱射事件の被害者であり、銃規制運動の象徴となっているギフォーズ元下院議員は、現在でも銃を所持していることを明らかにしている。

 その点からすると、企業幹部の家族が犯人だったからといって、銃の販売に対する融資を一方的に打ち切るというのは、人ではなく銃に責任を転嫁しているようにも見える。

 結局米国議会は、銃購入者の身元確認を義務づける銃規制強化法案を否決した。世論調査では90%の国民が身元確認の義務化に賛成しているといわれていたが、全米ライフル協会によるロビー活動は強力で、民主党議員の中からも法案への反対票が出た。
 また世間でのイメージとは異なり、米国は年々安全な国になってきており、多くの国民にとって、銃による危険性は身近な問題ではなくなっていることも法案否決に影響しているかもしれない(本誌記事「米国で思いのほか銃規制が進まないのは、米国が安全な国になっているから」参照)。

 今回の一連の出来事は、銃をめぐる米国の複雑な状況を反映している。

 - 社会, 経済

  関連記事

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

nichigin04
日銀が緩和の枠組みを金利目標にシフト。量的緩和策は事実上の長期撤退戦へ

 日銀は、2016年6月20日と21日に開催された金融政策決定会合において、従来 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …