ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能力から工場閉鎖に追い込まれる恐れがあるとの見方を示した。
 またフランスがこのまま労働生産性の低い状態を続けているならば、国内に工場を残すことは困難だとし「自分はルノーのために働くのであって、フランスのためだけに働いているわけではない」とシビアなコメントを残している。

 一方日本国内でのゴーン会長の発言を見ると「日本のものづくりはすばらしい」「日本を重要視している」といった安直な日本礼賛パターンのオンパレードである。
 日本と同じ問題を抱えるフランスでの発言内容が日本での発言とまるで異なっていることから、ゴーン会長のホンネが間接的に浮き彫りになった格好だ。

 これをゴーン氏の二枚舌と批判するのたやすい。だがゴーン会長としては「日本ではまともな議論をすることは不可能」というのがホンネだろう。
 日本の記者からの質問は、欲しい答えがあらかじめ決まっているワンパターンなものしかないからだ。「日本はすばらしい」「日本のものづくりは永遠だ」と言って欲しいのである。ゴーン会長は日本のマスコミをまともに相手する気はないようである。

 フランスでは、国内工場が閉鎖され海外に移転することに対して激しい反発の声が上がっている。産業空洞化に対する批判は日本よりもむしろ大きいかもしれない。だが経営者は経営者で持論を堂々述べ、議論が活発に行われている。

 フランスは日本と同様、官僚主導の息苦しい国とされているが、日本でのインタビューとはうってかわったゴーン会長の闊達な表情を見ると、フランスはやはり健全な民主国家であることを再認識させられる。

 - マスコミ, 社会, 経済

  関連記事

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

beikokuoil
原油価格の大幅下落で試される、アベノミクスと量的緩和策

 原油価格の下落がさらに進んでいる。ニューヨークの原油先物価格は2014年11月 …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …