ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日、不審なグループと警官隊の衝突が発生し、少なくとも21人が死亡したと伝えている。

 報道によると、ウイグル自治区内にある民家を地域職員が訪問したところ、不審なグループとナイフなどの武器を発見した。
 職員の通報を受け警官が駆けつけたところ、職員3人は殺されており、民家も燃やされていた。不審者グループと警官隊はその後、激しく衝突し、警官9人が死亡、不審者グループ側も6人死亡し、合計21人が死亡したという。

 新疆ウイグル自治区では、たびたび警察署が襲撃されるなどの事件が発生している。同地区はもともとウイグル族を中心とする少数民族の地域だったが、チベットと同様、中国政府は漢人を大量に入植させる政策を進めている。
 現在では漢族とウイグル族の人口比は逆転しているといわれ、両民族間での緊張が高まっていた。ウイグル族の一部は中国からの独立運動を起こしているといわれ、中国政府は同地域に対する圧政を強化している。

 中央政府は今回の事件について「宗教的な過激主義者によるテロ」であるとし、少数民族とは無関係であることを強調している。ただ同地区は海外のジャーナリストが自由に取材できる環境にはなく、新華社通信が報じた事件の内容もどこまでが真実なのか検証する手段はない。

 新疆ウイグル自治区の人権問題はチベット問題と並んで、国際社会から批判されるいわば中国の弱点であった。だが最近では世界第二位という中国の圧倒的な経済力を背景に、欧米先進国による批判を封じ込める戦略が功を奏している。
 4月25日に中国を訪問したフランスのオランド大統領は、自国企業の中国への売り込みを最優先させ、チベット問題など人権問題についてはほとんど触れることはなかった(本誌記事「中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施」参照)。逆に人権問題を指摘した英国に対しては冷淡な態度を取り続けるなど、各国への対応に差をつけている。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …