ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日、不審なグループと警官隊の衝突が発生し、少なくとも21人が死亡したと伝えている。

 報道によると、ウイグル自治区内にある民家を地域職員が訪問したところ、不審なグループとナイフなどの武器を発見した。
 職員の通報を受け警官が駆けつけたところ、職員3人は殺されており、民家も燃やされていた。不審者グループと警官隊はその後、激しく衝突し、警官9人が死亡、不審者グループ側も6人死亡し、合計21人が死亡したという。

 新疆ウイグル自治区では、たびたび警察署が襲撃されるなどの事件が発生している。同地区はもともとウイグル族を中心とする少数民族の地域だったが、チベットと同様、中国政府は漢人を大量に入植させる政策を進めている。
 現在では漢族とウイグル族の人口比は逆転しているといわれ、両民族間での緊張が高まっていた。ウイグル族の一部は中国からの独立運動を起こしているといわれ、中国政府は同地域に対する圧政を強化している。

 中央政府は今回の事件について「宗教的な過激主義者によるテロ」であるとし、少数民族とは無関係であることを強調している。ただ同地区は海外のジャーナリストが自由に取材できる環境にはなく、新華社通信が報じた事件の内容もどこまでが真実なのか検証する手段はない。

 新疆ウイグル自治区の人権問題はチベット問題と並んで、国際社会から批判されるいわば中国の弱点であった。だが最近では世界第二位という中国の圧倒的な経済力を背景に、欧米先進国による批判を封じ込める戦略が功を奏している。
 4月25日に中国を訪問したフランスのオランド大統領は、自国企業の中国への売り込みを最優先させ、チベット問題など人権問題についてはほとんど触れることはなかった(本誌記事「中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施」参照)。逆に人権問題を指摘した英国に対しては冷淡な態度を取り続けるなど、各国への対応に差をつけている。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …

no image
TVの収録中にケガをする若手芸人が続出。背景にはTV局の構造的問題が

 このところTVの収録中にケガをする若手芸人が増えてきている。  2月にはお笑い …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …