ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想が何度も浮上した。大政翼賛会の発足となった戦前の例を見るまでもなく、大連立構想は国力衰退の象徴ともいえる現象だ。

 長引く不況と高い失業率に歯止めがかからない欧州においても、とうとう大連立を模索する動きが出始めた。もともと政局が不安定で連立が前提となっているイタリアに加えて、連立という概念からはほど遠かったフランスにおいても連立内閣を求める世論が高まっているのだ。

 フランスの日曜版新聞が実施したアンケートでは、フランス国民の実に78%が大連立を支持していることが明らかになった。

 これはフランスではかなり衝撃的な出来事といってよい。現在の第五共和制は、保守と革新の二大政党制となっているため、米国ほどではないにせよ、連立内閣という概念はほとんど存在しない。実際、フランスの政治家の中で大連立を具体的に考えている人はほとんどいないという。

 だがフランスは景気の低迷と高い失業率が続き、ドイツの差は広がるばかり。大連立を望むという今回のアンケート結果は、既成政党による政治に国民が大きな不信感を抱いていることを証明する結果となってしまった。

  国民の苛立ちを受けて政治家は対応に必死だが、その試みは空回りしている。フランス社会党のデジール第一書記はドイツ主導の緊縮策をめぐってメルケル首相の名前を出して批判、バルトロン国民議会議長もこれに同調した。だが事態を重く見たエロー首相が直ちにツイッターで釈明を行うというドタバタがあった。

 イタリアでは総選挙後、政局が大混乱したが、結局レッタ氏を首相とする左右大連立内閣を成立させることで何とか政治的空白を回避した。レッタ新内閣は緊縮一辺倒の政策について若干の軌道修正を行うことを明らかにしている(本誌記事「イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた」参照)。

 確かにドイツは好調な経済を背景に各国に苛烈な緊縮策を要求しているが、フランスやイタリアの経済的低迷は過剰な労働組合の保護や、がんじがらめの規制など、自らが招いた結果でもある。
 ドイツを名指しで批判したり、ましてや大連立内閣を成立させたところで、両国が抱える問題を根本的に解決できるわけではない。両国の経済問題は、政治的対立の存在が原因なのではなく、むしろ既得権益者の利益保護という観点において政治的対立が存在しなかったことに原因がある。

 日本も既得権益者の保護という意味では、これまで政治的対立が存在していなかったといってよい(欧州と同様、日本では既得権益者でない人は政治的パワーを持っていない)。だが、日本は大連立ではなく、異次元の金融緩和策という道を選択した。もし今後、インフレが進展する事態となれば、インフレ課税という形で高齢者から若年層への所得移転を伴うことになり、結果的に議会での議論を経ずに既得権益者の保護を一部撤廃することになるかもしれない(本誌記事「黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に」参照)。

 副作用も多く危険がいっぱいのアベノミクスだが、イタリアやフランスと比較すれば、日本には少なくとも今の世代から身を削ろうという覚悟は存在するということになる。もちろんこれには、インフレが所得移転をもたらす可能性があるということを、安倍首相が認識していればの話だが。

 - 政治, 経済

  関連記事

jacklew
オバマ大統領がルー補佐官を財務長官に指名。財政再建に対する強い意志の表れ

 オバマ米大統領は、退任が決まっているガイトナー財務長官の後任にジャック・ルー大 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

hunterbiden
バイデン副大統領の息子が、ウクライナのガス会社役員に就任

 バイデン米副大統領の息子であるハンター氏が、ウクライナの天然ガス会社であるブリ …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …