ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化しているが、とうとう米国の金融機関に対するサイバーテロ攻撃が開始された。

 バンカメ、Chase、シティ、ウェルスファーゴなど、米国の主要銀行が相次いでサイバーテロ攻撃を受け、サイトにアクセスできない状態が散発的に発生しているという。
 攻撃手法はDoSと呼ばれるもので、分散された世界中のサーバーから攻撃対象のサーバーに対して集中アクセスを行いシステムをダウンさせようとするもの。
  ただし、不正アクセスされて預金が操作されるような事態にまでは至っていないという。

 米国の諜報当局は、今回の攻撃は組織的であり、背後にはイラン政府が糸を引いていると考えている。というのも、今年6月に米国はイランの核施設に対して大規模なサイバー攻撃を行ったばかり。今回はその報復という意味も含まれているかもしれないからだ。

 日本も中国との間で緊張が高まっており、サイバー攻撃の危険性が高まっている。すでにいくつかの公共機関では小規模な攻撃を中国側から受けている。

 だが注意しなければいけないのは、サイバー攻撃は目には見えないということ。それは、逆に言うと、ありもしない攻撃をあったとウソをつくこともできることを意味している。

 諜報機関はしばしば、継続的な予算獲得のためウソの情報を流すことがある。またこれらの諜報機関がサイバー対策を本気で強化するためには、実際にテロを実行していたハッカーを逆に採用するなど、きわどいことに取り組まなければならない。これは自国にとって諸刃の剣になる。

 外国からのサイバーテロには警戒する必要あるし、その対策も必要だろう。だがサイバーテロや諜報戦争は、外国からだけとは限らない。まず身内の疑うのが、諜報活動のイロハである。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

obama00001
米国で「財政の崖」回避に向け共和党が妥協か?減税マフィアの首領が権力を失う日

 感謝祭の休日を終え平常モードに戻った米国の政界で、いわゆる「財政の崖」をめぐる …

shougi
プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …