ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣諸島の領有権に関する米国のスタンスを確認するとともに、北朝鮮に対するミサイル防衛で両国が緊密に連携していくことや、諜報、監視、偵察分野に関するワーキンググループ立ち上げについて合意した。

  小野寺氏は尖閣諸島について「わが国固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかだ」と述べた。これに対してヘーゲル長官は「尖閣諸島の領有権について特定の国を支持することはしないが、日米安保の適用範囲である」と述べ、米国のスタンスに変更がないことをあらためて強調した。

 また両氏は、北朝鮮が最も明白な脅威との認識で一致。ミサイル防衛(MD)を中心に日米の連携を密にすることを確認した。日本側は米国の要請を受けて、京都府内に2基目のミサイル追尾レーダーの配備計画を進めており、会談ではその進捗についても話し合われた模様。

 日本側としてはヘーゲル長官との会談で、尖閣諸島問題が日米安保の適用範囲内であるとの発言を引き出し、米国の後ろ盾が強固であることを印象付けたいとの狙いがあった。米国側からは特に踏み込んだ発言はなく、領有権についてはコメントしないとする米国の立場に変更はない。ただ、尖閣諸島が日米安保の適用範囲であるとの米側のスタンスはあらためて確認できた形となっており、訪米の目的はある程度達成されたといってよいだろう。

 一方、今回の会談で米国側がもっとも重視していたテーマは、インテリジェンス、監視、偵察分野における日米ワーキンググループの設置である。詳しい内容は明らかになっていないが、米国が近年急ピッチで整備を進めている、大規模なコンピュータ・システムを使った諜報システムの構築や無人機を活用した偵察活動などの分野で、何らかの情報共有を行うものである可能性が高い。

 また、会談では海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの日本追加配備に関して、夏に12機を陸揚げした上で、普天間飛行場に移す方針についても確認した。

 - 政治

  関連記事

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …