ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣諸島の領有権に関する米国のスタンスを確認するとともに、北朝鮮に対するミサイル防衛で両国が緊密に連携していくことや、諜報、監視、偵察分野に関するワーキンググループ立ち上げについて合意した。

  小野寺氏は尖閣諸島について「わが国固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかだ」と述べた。これに対してヘーゲル長官は「尖閣諸島の領有権について特定の国を支持することはしないが、日米安保の適用範囲である」と述べ、米国のスタンスに変更がないことをあらためて強調した。

 また両氏は、北朝鮮が最も明白な脅威との認識で一致。ミサイル防衛(MD)を中心に日米の連携を密にすることを確認した。日本側は米国の要請を受けて、京都府内に2基目のミサイル追尾レーダーの配備計画を進めており、会談ではその進捗についても話し合われた模様。

 日本側としてはヘーゲル長官との会談で、尖閣諸島問題が日米安保の適用範囲内であるとの発言を引き出し、米国の後ろ盾が強固であることを印象付けたいとの狙いがあった。米国側からは特に踏み込んだ発言はなく、領有権についてはコメントしないとする米国の立場に変更はない。ただ、尖閣諸島が日米安保の適用範囲であるとの米側のスタンスはあらためて確認できた形となっており、訪米の目的はある程度達成されたといってよいだろう。

 一方、今回の会談で米国側がもっとも重視していたテーマは、インテリジェンス、監視、偵察分野における日米ワーキンググループの設置である。詳しい内容は明らかになっていないが、米国が近年急ピッチで整備を進めている、大規模なコンピュータ・システムを使った諜報システムの構築や無人機を活用した偵察活動などの分野で、何らかの情報共有を行うものである可能性が高い。

 また、会談では海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの日本追加配備に関して、夏に12機を陸揚げした上で、普天間飛行場に移す方針についても確認した。

 - 政治

  関連記事

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

pentagon
米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

fwd
フェイスブックCEOが政治団体を旗揚げ。彼への批判はオールド企業からの攻撃?

 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは4月11日、移民法改革などを目 …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

obama201406
オバマ大統領がイラクに派遣する軍事顧問は、ビンラディンを殺害した精鋭特殊部隊

 オバマ米大統領は2014年6月19日、イラクに軍事顧問団を300人派遣する方針 …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

yamao
山尾議員のスキャンダルを有権者はどう受け止めればよいのか?

 民進党は2017年9月8日、山尾志桜里元政調会長から提出されていた離党届を受理 …