ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣諸島の領有権に関する米国のスタンスを確認するとともに、北朝鮮に対するミサイル防衛で両国が緊密に連携していくことや、諜報、監視、偵察分野に関するワーキンググループ立ち上げについて合意した。

  小野寺氏は尖閣諸島について「わが国固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかだ」と述べた。これに対してヘーゲル長官は「尖閣諸島の領有権について特定の国を支持することはしないが、日米安保の適用範囲である」と述べ、米国のスタンスに変更がないことをあらためて強調した。

 また両氏は、北朝鮮が最も明白な脅威との認識で一致。ミサイル防衛(MD)を中心に日米の連携を密にすることを確認した。日本側は米国の要請を受けて、京都府内に2基目のミサイル追尾レーダーの配備計画を進めており、会談ではその進捗についても話し合われた模様。

 日本側としてはヘーゲル長官との会談で、尖閣諸島問題が日米安保の適用範囲内であるとの発言を引き出し、米国の後ろ盾が強固であることを印象付けたいとの狙いがあった。米国側からは特に踏み込んだ発言はなく、領有権についてはコメントしないとする米国の立場に変更はない。ただ、尖閣諸島が日米安保の適用範囲であるとの米側のスタンスはあらためて確認できた形となっており、訪米の目的はある程度達成されたといってよいだろう。

 一方、今回の会談で米国側がもっとも重視していたテーマは、インテリジェンス、監視、偵察分野における日米ワーキンググループの設置である。詳しい内容は明らかになっていないが、米国が近年急ピッチで整備を進めている、大規模なコンピュータ・システムを使った諜報システムの構築や無人機を活用した偵察活動などの分野で、何らかの情報共有を行うものである可能性が高い。

 また、会談では海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの日本追加配備に関して、夏に12機を陸揚げした上で、普天間飛行場に移す方針についても確認した。

 - 政治

  関連記事

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

tenanmonjiken
天安門事件から25年。中国国内は厳戒態勢だが、香港だけは追悼集会を実施

 中国で民主化運動の学生らを弾圧した天安門事件から25年が経過した2014年6月 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …