ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくりでとうとう破れかぶれになってしまったようだ。

 藤巻氏はいわずと知れた伝説の債券ディーラー。モルガン銀行在籍時には、日本国債を買い続け、巨額の利益を会社にもたらした。
 その後、独立してからは一転、日本の財政危機が深刻化していることを理由に、一貫して国債価格の下落と円安を主張していた。

 だが市場は藤巻氏の予想をことごとく裏切り、超円高と国債価格のバブル的高騰(利回りの低下)が、これでもか、これでもかと続いている。藤巻氏は、ただ論評するだけでなく、自分自身も同じようにポジションを取っていると公言しており(ウソかもしれないが)、もしそれが本当なら、かなりの損失をくらっているはず。

 やはり、自身も投資しているという話は本当で、損失が膨らみ頭に血が上っているのか、最近は発言が過激になる一方。
 当初は、「円安が日本経済を救う」(2012年2月、日経)という穏やかで政策提言的だったものが、4月には「急激なインフレは不可避。ハードランディングに備えよ」(2012年4月、ロイター)という攻撃的なトーンに変化した。もっとも4月時点では「何も経済弱者を直撃するハイパーインフレを政策として掲げろと言っているわけではない」と一応エクスキューズしていた。
 だが最新のコメントでは「もう手遅れ。ハイパーインフレになって日本を再建するしかない」(2012年9月、日経ビジネス)と完全にブチ切れ。

 確かに日本国債のバブルは異常であり、「これまでに何度も海外のヘッジファンドが売りを仕掛けては失敗している」(債券市場関係者)。相場は往々にして、誰もがあきらめた時に突然反転するともいわれる。

 明治時代の日本。日露戦争後のバブル相場で、相場師の野村徳七(のちに野村證券を創業)は相場の下落に賭けていた。だが株価は狂ったように上がり続ける。徳七が新聞に「相場は狂せり」(今の相場は狂ってる)とブチ切れコメントを出したことがきっかけて相場は反転、徳七は巨万の富を得て今の野村證券の基礎を作った。だがコメントを出した徳七は、あと数日で破産というギリギリの状態だったといわれている。

 今の藤巻氏の状態は当時の徳七に近い。ゴリゴリの国債売り、円安論者であった藤巻氏が、テンパっているということは、いよいよ今度こそ国債の価格下落、円安がスタートする証拠なのでは?という皮肉な見方も出てきている。果たして藤巻氏は野村徳七になれるのだろうか?

 藤巻氏は正直な人柄で知られている。同氏は、モルガン退社後、ソロスファンドに入り、結局クビになってしまったのだが、ソロスファンドではどのように失敗したのかもかなり明らかにしている。藤巻氏は今回の顛末で自身の投資結果がどうだったのか、ぜひ公開してほしい。
 もし失敗したとしても、天才ディーラーも2回連続ヤラれることがあるなんて、人間味溢れるいい話ではないか?
 もっとも自身も同じようにポジションを取っているという話がウソだったらズッコケてしまうのだが、真相は如何に?

 - 経済

  関連記事

bouekitoukei201401
1月の貿易赤字が何と倍増。最大の原因は輸出不振であってエネルギー問題ではない

 財務省は2014年2月20日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …