ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島は「中国にとって核心的利益だ」と発言した。中国政府関係者が公の場で「核心的利益」と認めたのは初めて。

 華報道官は会見で、米国のデンプシー統合参謀本部議長と会談した中国高官が尖閣諸島について「核心的利益」と発言したことに関して質問を受け、それに回答する形で「中国の領土主権に関わる問題であり、中国の核心的利益である」と発言した。

 中国はこれまで核心的利益という言葉は、チベット問題や台湾独立問題を表現する際に使用しており、場合によっては戦争も辞さないという意味になる。報道官の発言が中国政府の正式見解ということになると、領有権を主張することにとどめていた尖閣問題のステージが一気に格上げされたことになる。

 記者会見の内容に関する中国外務省の正式な発表では、中国国務院が発表したホワイトペーパーを引き合いに出し「国家主権、安全保障、領土保全を含めた核心的国益」との表現になっている。正式な発表文では、多少あいまいな表現になっていることを考えると、中国高官や華報道官の発言は勇み足であった可能性もある。

 中国は共産党による一党独裁の国であり、中国共産党は徹底的な文書主義で知られた組織である。従来であれば、党や政府の文書に示されている公式見解を逸脱する発言が幹部から出ることはほとんどあり得なかった。
 今回の一連の発言は、鉄の規律を誇った共産党支配にも緩みが出ていることの象徴なのか、確信犯的なものなのか定かではない。ただ尖閣問題をエスカレートさせる発言が出ることは憂慮すべき事態であり、党内規律の緩みが原因であるとすれば、偶発的な戦争の危機はむしろ高まっていることになる。

 尖閣問題については、中国側がどれほど戦略的で冷静なのか判断しかねる部分がある。党や政府内での統制が効かなくなっている可能性も含めて、日本側は慎重に対処する必要がありそうだ。
 ちなみに米国は「今回の発言を受けて米国のスタンスが変わることはない」(国務省のベントレル報道部長)との事務的なコメントを出している。

 - 政治

  関連記事

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

sanpeter
中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任した …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

pakucongress
日本を批判したとされる朴槿恵大統領の議会演説はどう解釈すべきか?

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月8日、上下両院の合同会議で演説した。前日のオバ …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …

rig
シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止さ …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

abenaikaku
強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安 …

ishiba02
石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望してい …