ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。それによると2013年の実質GDP成長率は5.75%と、2012年の5.3%から0.45ポイント増加すると予測している。域内での失業率が低下していることや、中国の信用が急回復していること、日本が財政出動を行っていることなどを成長率増加の要因とした。

 中国の成長鈍化が話題となっているが、相対的には中国がアジア太平洋地域における経済の牽引役であるとの構図は変わっていない(本誌記事「中国GDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国市場をどう見るか?」参照)。

 中国を含む東アジア全体の成長率は6.7%(2012年)から7.1%(2013年)に増加する見込みだが、この中で中国の成長率は8%と突出している。韓国が2.8%、台湾が3%であることを考えると、東アジアの成長はほぼ中国一国で達成していることになる。

 ASEAN各国は2012年の5.7%から0.2ポイント低下して5.5%の成長率を見込んでいる。この中で成長率の増加が見込まれるのは、カンボジア(6.5%→6.7%)、インドネシア(6.2%→6.3%)、ミャンマー(6.3%→6.5%)など。シンガポールは2012年の1.3%から2013年は2.0%へと0.7ポイント回復する見込みだが、タイやフィリピンなどは逆に成長率が鈍化するとしている。

 全体の足を引っ張っているのは南アジア地域だが、2013年の見通しでは状況が大きく改善される見込み。インドの2012年の成長率は4.0%だったが、2013年には5.7%に増加する。インドは2011年には6%台の成長率を実現していたが、ここ1年で成長率が急減速、最近の四半期では4%台が続いていた。インドの回復傾向が明確になり、中国の8%成長が維持されれば、同地域全体の成長率にも加速がついてくるだろう。

 一方リスク要因としては、1人当たり所得の鈍化をあげている。アジア各国が先進国の仲間入りを果たすためには、労働市場の改革や人口動態への対応などの各種改革が必要と指摘している。

 - 経済

  関連記事

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …