ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。それによると2013年の実質GDP成長率は5.75%と、2012年の5.3%から0.45ポイント増加すると予測している。域内での失業率が低下していることや、中国の信用が急回復していること、日本が財政出動を行っていることなどを成長率増加の要因とした。

 中国の成長鈍化が話題となっているが、相対的には中国がアジア太平洋地域における経済の牽引役であるとの構図は変わっていない(本誌記事「中国GDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国市場をどう見るか?」参照)。

 中国を含む東アジア全体の成長率は6.7%(2012年)から7.1%(2013年)に増加する見込みだが、この中で中国の成長率は8%と突出している。韓国が2.8%、台湾が3%であることを考えると、東アジアの成長はほぼ中国一国で達成していることになる。

 ASEAN各国は2012年の5.7%から0.2ポイント低下して5.5%の成長率を見込んでいる。この中で成長率の増加が見込まれるのは、カンボジア(6.5%→6.7%)、インドネシア(6.2%→6.3%)、ミャンマー(6.3%→6.5%)など。シンガポールは2012年の1.3%から2013年は2.0%へと0.7ポイント回復する見込みだが、タイやフィリピンなどは逆に成長率が鈍化するとしている。

 全体の足を引っ張っているのは南アジア地域だが、2013年の見通しでは状況が大きく改善される見込み。インドの2012年の成長率は4.0%だったが、2013年には5.7%に増加する。インドは2011年には6%台の成長率を実現していたが、ここ1年で成長率が急減速、最近の四半期では4%台が続いていた。インドの回復傾向が明確になり、中国の8%成長が維持されれば、同地域全体の成長率にも加速がついてくるだろう。

 一方リスク要因としては、1人当たり所得の鈍化をあげている。アジア各国が先進国の仲間入りを果たすためには、労働市場の改革や人口動態への対応などの各種改革が必要と指摘している。

 - 経済

  関連記事

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

microsoft02
マイクロソフトがノキアの携帯電話部門を買収。バルマーCEO最後の大仕事

 米マイクロソフトは9月2日、ノキア(フィンランド)の携帯電話事業を買収すると発 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …