ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問題について両氏は「双方に受け入れ可能な解決策を目指して交渉を加速化させる」ことで一致、帰属問題に関する具体的交渉をスタートさせることについて合意した。首相の帰国後、次官級協議が早速開催される。

 日本とロシアの領土問題は戦争終了後、約70年間も棚上げにされてきた。以前、鈴木宗男元衆議院議員(現新党大地代表)を中心として2島返還論をベースに交渉開始を模索した時期もあったが、鈴木氏の政治的失脚によってこれも頓挫していた。

 今回の交渉はプーチン氏からのアプローチがきっかけ。プーチン氏は昨年の大統領選における自身の再選をきっかけに「引き分け」という言葉を使い、領土問題について話し合う余地があることを日本側に伝えていた。
 これを受け森喜朗元首相が2月にロシアを訪問、今回の首相訪ロの地ならしをしていた。今回の安倍首相の外交的成果は森氏の功績によるところが大きい(本誌記事「森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における引き分けの真意とは?」参照)。

 プーチン大統領の本音はズバリ、歯舞、色丹の2島返還で日本側と合意に達すること。一方日本側はこれまで4島一括返還を大前提にしてきただけに、2島返還に簡単に応じるわけにはいかないという事情がある。また4島一括返還にこだわる国内世論にも根強いものがある。
 一部からは国後島を含めた3島返還論なども登場しており、このあたりが交渉の最大のヤマ場となる可能性が高い。

 以前であればロシア側が3島返還に応じる可能性はほぼゼロだったが、最近は風向きが変わってきている。ロシアは有数の天然資源産出国だが、米国のシェールガス開発が進展してきたことでその地位が低下しているのだ。
 以前は、ロシアの天然ガスが欲しい日本にとって不利な交渉環境だったが、現在では、より安価な米国産の天然ガスという選択肢が存在している。ロシアはむしろ日本側に天然ガスを売り込まなければならない立場になりつつあり、日本にとってこれほど有利な状況はそうそうないだろう。

 今回の訪ロをきっかけに日露外交が急速に進展する事態になれば、安倍政権の基盤はより強固なものになる可能性が高い。場合によっては長期政権の道筋も見えてくるかもしれない。

 - 政治

  関連記事

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

obama201406
オバマ大統領がイラクに派遣する軍事顧問は、ビンラディンを殺害した精鋭特殊部隊

 オバマ米大統領は2014年6月19日、イラクに軍事顧問団を300人派遣する方針 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

orando
フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスに …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …