ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問題について両氏は「双方に受け入れ可能な解決策を目指して交渉を加速化させる」ことで一致、帰属問題に関する具体的交渉をスタートさせることについて合意した。首相の帰国後、次官級協議が早速開催される。

 日本とロシアの領土問題は戦争終了後、約70年間も棚上げにされてきた。以前、鈴木宗男元衆議院議員(現新党大地代表)を中心として2島返還論をベースに交渉開始を模索した時期もあったが、鈴木氏の政治的失脚によってこれも頓挫していた。

 今回の交渉はプーチン氏からのアプローチがきっかけ。プーチン氏は昨年の大統領選における自身の再選をきっかけに「引き分け」という言葉を使い、領土問題について話し合う余地があることを日本側に伝えていた。
 これを受け森喜朗元首相が2月にロシアを訪問、今回の首相訪ロの地ならしをしていた。今回の安倍首相の外交的成果は森氏の功績によるところが大きい(本誌記事「森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における引き分けの真意とは?」参照)。

 プーチン大統領の本音はズバリ、歯舞、色丹の2島返還で日本側と合意に達すること。一方日本側はこれまで4島一括返還を大前提にしてきただけに、2島返還に簡単に応じるわけにはいかないという事情がある。また4島一括返還にこだわる国内世論にも根強いものがある。
 一部からは国後島を含めた3島返還論なども登場しており、このあたりが交渉の最大のヤマ場となる可能性が高い。

 以前であればロシア側が3島返還に応じる可能性はほぼゼロだったが、最近は風向きが変わってきている。ロシアは有数の天然資源産出国だが、米国のシェールガス開発が進展してきたことでその地位が低下しているのだ。
 以前は、ロシアの天然ガスが欲しい日本にとって不利な交渉環境だったが、現在では、より安価な米国産の天然ガスという選択肢が存在している。ロシアはむしろ日本側に天然ガスを売り込まなければならない立場になりつつあり、日本にとってこれほど有利な状況はそうそうないだろう。

 今回の訪ロをきっかけに日露外交が急速に進展する事態になれば、安倍政権の基盤はより強固なものになる可能性が高い。場合によっては長期政権の道筋も見えてくるかもしれない。

 - 政治

  関連記事

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

carlos
スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位する …

fokurando
領有権問題が発生しているフォークランドで英国残留を問う住民投票。反対票はわずか3票

 英国が実効支配し、アルゼンチンが領有権を主張している英領フォークランド諸島で、 …

takemi
有権者も世代交代?自民党のサラブレット武見敬三氏が山本太郎氏相手に苦戦のワケ

 盛り上がりに欠けた参院選は事前の予想通り、自民党の圧勝となった。衆議院で過半数 …

ianfunozo
NY州議会で慰安婦問題が決議。米国政界に広がる危険な兆候

 米国ニューヨーク州議会上院は29日、従軍慰安婦問題について「人道に対する罪」と …

naicho
諜報組織所属のキャリア官僚の自殺。原因をめぐって様々な憶測が飛び交う

 東京都内のマンションで死亡しているのを発見された内閣府のキャリア官僚の死因をめ …

no image
これが大統領就任式の雛壇席に招待された、米国政界のVIP達だ

 21日にワシントンで行われたオバマ大統領の2期目の就任式。会場となった議会前の …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …