ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で住宅価格が大幅上昇。実はアベノミクスの強力な助っ人に?

 

 米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4月30日、2月のケース・シラー住宅価格指数を発表した。住宅価格は前年同月比で9.4%の大幅上昇となり、2006年5月以来の高い伸びとなった。住宅市場の回復がより鮮明になってきたことが裏付けられた。

 全米20都市を対象にした指数は149.8となり、対前月比では1.2%の上昇、対前年比では9.4%もの上昇となっている。
 対前月比で指数が上昇するのは13か月連続、対前年比での上昇も9か月連続となった。上昇幅は毎月拡大していることから、住宅市場は確実に回復してきている。

 都市別では、アリゾナ州フェニックス(対前年比23%上昇)、ネバダ州ラスベガス(17.6%)、ジョージア州アトランタ(16.6%)、ミシガン州デトロイト(15.2%)など、サブプライム危機よる住宅価格下落が激しかった地域の上昇が鮮明となっている。不良債権処理が順調に進み、市場が健全化しているサインといえる。

 米国の家計部門は約20兆ドル(約1960兆円)もの不動産を所有している。日本と異なり、米国の住宅用不動産は流動性の高い資産であり、住宅価格の上昇はダイレクトに個人消費を刺激する。今月は前年比で10%近い上昇となっているので、単純計算では1年で200兆円ほど米国人の資産が増えた計算になり、その1%が消費に回ったとしても2兆円の効果がある(本誌記事「米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産となるのか?」参照)。

 米国経済はおおむね順調に推移しているが、個人消費に大きく依存する構造になっており、今年に入って個人消費が踊り場に差し掛かるとの観測も出ていた。
 だが、同日に発表された4月における消費者信頼感指数 は68.1と、前月の61.9から大きく上昇している。完全に楽観はできないが、株高や不動産価格の上昇によって、米国の景気が引き続き堅調に推移する可能性も出てきたといえる。

 米国の順調な景気回復の恩恵を誰よりも受けるのが日本である。中国のGDPが日本を追い抜いたことで、日本では中国が最大の市場であるとの論調が主流を占めている。だが現実はだいぶ違う。
 確かに2009年には、中国経済の発展によって、米国向け輸出と中国向け輸出が逆転した。だが米国経済の復活によって2012年には両者はほぼ拮抗した状態に戻っている。さらに、貿易収支という点でみれば、対中国は一貫して赤字、対米国は一貫して黒字である。
 しかも中国向け輸出品の多くは、中国内で組み立てが行われ、最終的に米国に輸出される。つまり日本の輸出産業は基本的に米国の消費に依存しているのだ(本誌記事「2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調」参照)。

 異次元の量的緩和策は国内の消費にも徐々に効果を及ぼしてきている。だが、現実問題として、製造業の復活なしに日本経済を本格的な回復軌道に乗せることは難しい。金融緩和による効果だけではムリがあることは皆が承知している。アベノミクスの成否は米国の景気拡大にかかっていることを考えると、住宅価格上昇という朗報はアベノミクスにとって強力な助っ人といえよう。

 - 経済

  関連記事

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …