ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で住宅価格が大幅上昇。実はアベノミクスの強力な助っ人に?

 

 米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4月30日、2月のケース・シラー住宅価格指数を発表した。住宅価格は前年同月比で9.4%の大幅上昇となり、2006年5月以来の高い伸びとなった。住宅市場の回復がより鮮明になってきたことが裏付けられた。

 全米20都市を対象にした指数は149.8となり、対前月比では1.2%の上昇、対前年比では9.4%もの上昇となっている。
 対前月比で指数が上昇するのは13か月連続、対前年比での上昇も9か月連続となった。上昇幅は毎月拡大していることから、住宅市場は確実に回復してきている。

 都市別では、アリゾナ州フェニックス(対前年比23%上昇)、ネバダ州ラスベガス(17.6%)、ジョージア州アトランタ(16.6%)、ミシガン州デトロイト(15.2%)など、サブプライム危機よる住宅価格下落が激しかった地域の上昇が鮮明となっている。不良債権処理が順調に進み、市場が健全化しているサインといえる。

 米国の家計部門は約20兆ドル(約1960兆円)もの不動産を所有している。日本と異なり、米国の住宅用不動産は流動性の高い資産であり、住宅価格の上昇はダイレクトに個人消費を刺激する。今月は前年比で10%近い上昇となっているので、単純計算では1年で200兆円ほど米国人の資産が増えた計算になり、その1%が消費に回ったとしても2兆円の効果がある(本誌記事「米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産となるのか?」参照)。

 米国経済はおおむね順調に推移しているが、個人消費に大きく依存する構造になっており、今年に入って個人消費が踊り場に差し掛かるとの観測も出ていた。
 だが、同日に発表された4月における消費者信頼感指数 は68.1と、前月の61.9から大きく上昇している。完全に楽観はできないが、株高や不動産価格の上昇によって、米国の景気が引き続き堅調に推移する可能性も出てきたといえる。

 米国の順調な景気回復の恩恵を誰よりも受けるのが日本である。中国のGDPが日本を追い抜いたことで、日本では中国が最大の市場であるとの論調が主流を占めている。だが現実はだいぶ違う。
 確かに2009年には、中国経済の発展によって、米国向け輸出と中国向け輸出が逆転した。だが米国経済の復活によって2012年には両者はほぼ拮抗した状態に戻っている。さらに、貿易収支という点でみれば、対中国は一貫して赤字、対米国は一貫して黒字である。
 しかも中国向け輸出品の多くは、中国内で組み立てが行われ、最終的に米国に輸出される。つまり日本の輸出産業は基本的に米国の消費に依存しているのだ(本誌記事「2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調」参照)。

 異次元の量的緩和策は国内の消費にも徐々に効果を及ぼしてきている。だが、現実問題として、製造業の復活なしに日本経済を本格的な回復軌道に乗せることは難しい。金融緩和による効果だけではムリがあることは皆が承知している。アベノミクスの成否は米国の景気拡大にかかっていることを考えると、住宅価格上昇という朗報はアベノミクスにとって強力な助っ人といえよう。

 - 経済

  関連記事

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …