ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界のレストラン・ランキング。食中毒を出した超有名店は2位に陥落

 

 英「レストラン」誌は4月29日、世界でもっとも優秀なレストランを選ぶ「ワールドベストレストラン」の2013年版を発表した。これまで3年連続で第1位となっていたデンマークの著名レストラン「NOMA(ノーマ)」がとうとう1位から陥落した。
 同店は今年3月にノロ・ウイルスによる食中毒事件を起こしたことで大きな話題となっていた。事件とランキングの関係は不明だ(本誌記事「世界一のレストランで直中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?」参照)。

 今年1位に選ばれたのは、現代スペイン料理店の「エル・セジェール・デ・カン・ロカ」。
 スペイン料理店が1位になるのは2009年以来で、前回1位となった店が閉店したことから、その後は3年連続デンマークのNOMAが1位となっていた。スペイン料理は再び1位を奪還したことになる。
 NOMAは1位からは脱落したものの、高い評価は変わらず2位となった。3位はイタリア料理の「オステリア・フランチェスカーナ」であった。

 日本からはフランス料理の「ナリサワ」(東京・南青山)が20位に、日本料理の「龍吟」(東京・六本木)が22位に入っている。
  ちなみに同ランキング結果については、欧米に偏っているとの批判が寄せられていたことから、アジア版のランキングも発表している。アジア版ではナリサワは1位、龍吟は2位になっているほか、日本の店が50位までに9店ランクインしている。

  ミシュランと同様、この手のレストラン・ランキングには常に賛否両論がある。「ワールドベストレストラン」はどちからというと奇抜な料理が上位になる傾向が強いといわれており、NOMAはその典型といえる。正当な料理を好む利用者だとNOMAのスタイルには気に入らないかもしれない。

 ただ今回、上位にランクインした店は比較的正統派なスタイルのところが多く、いい意味でも悪い意味でもトゲがなくなったとの意見も聞かれる。
 ランキング結果は、世界の著名シェフや評論家など約900人でつくる委員会の投票で決定されるという。各委員は自分の気に入ったレストラン7店に投票することができるが、そのうち3店以上は自国以外から選出する決まりになっている。

 ちなみに日本勢のトップとなった「ナリサワ」はディナーの値段が約2万円、ワインを入れると客単価は3万円近くなるだろう。世界の味を試してみるには、ちょっと高すぎるかもしれない。もっとも、同店はすさまじい人気で、予約を取ることはほとんど不可能という噂だが・・・。

 - 社会

  関連記事

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

unicef
子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位 …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

touchou
うつによる休職や他社への転職、さらには出世候補までシステムが予測する時代に!

 「営業部の佐藤さんはうつで会社を休む可能性が高くなっています」「開発部の高橋さ …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

hiroyuki
見せしめ?2ちゃんねるに家宅捜索。だが追求すべきはひろゆき氏の賠償金未払いの方

 遠隔操作ウイルス事件で、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に真犯人が直接書き …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …