ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界のレストラン・ランキング。食中毒を出した超有名店は2位に陥落

 

 英「レストラン」誌は4月29日、世界でもっとも優秀なレストランを選ぶ「ワールドベストレストラン」の2013年版を発表した。これまで3年連続で第1位となっていたデンマークの著名レストラン「NOMA(ノーマ)」がとうとう1位から陥落した。
 同店は今年3月にノロ・ウイルスによる食中毒事件を起こしたことで大きな話題となっていた。事件とランキングの関係は不明だ(本誌記事「世界一のレストランで直中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?」参照)。

 今年1位に選ばれたのは、現代スペイン料理店の「エル・セジェール・デ・カン・ロカ」。
 スペイン料理店が1位になるのは2009年以来で、前回1位となった店が閉店したことから、その後は3年連続デンマークのNOMAが1位となっていた。スペイン料理は再び1位を奪還したことになる。
 NOMAは1位からは脱落したものの、高い評価は変わらず2位となった。3位はイタリア料理の「オステリア・フランチェスカーナ」であった。

 日本からはフランス料理の「ナリサワ」(東京・南青山)が20位に、日本料理の「龍吟」(東京・六本木)が22位に入っている。
  ちなみに同ランキング結果については、欧米に偏っているとの批判が寄せられていたことから、アジア版のランキングも発表している。アジア版ではナリサワは1位、龍吟は2位になっているほか、日本の店が50位までに9店ランクインしている。

  ミシュランと同様、この手のレストラン・ランキングには常に賛否両論がある。「ワールドベストレストラン」はどちからというと奇抜な料理が上位になる傾向が強いといわれており、NOMAはその典型といえる。正当な料理を好む利用者だとNOMAのスタイルには気に入らないかもしれない。

 ただ今回、上位にランクインした店は比較的正統派なスタイルのところが多く、いい意味でも悪い意味でもトゲがなくなったとの意見も聞かれる。
 ランキング結果は、世界の著名シェフや評論家など約900人でつくる委員会の投票で決定されるという。各委員は自分の気に入ったレストラン7店に投票することができるが、そのうち3店以上は自国以外から選出する決まりになっている。

 ちなみに日本勢のトップとなった「ナリサワ」はディナーの値段が約2万円、ワインを入れると客単価は3万円近くなるだろう。世界の味を試してみるには、ちょっと高すぎるかもしれない。もっとも、同店はすさまじい人気で、予約を取ることはほとんど不可能という噂だが・・・。

 - 社会

  関連記事

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

jisinmap
熊本は「安全地帯」で東北は「危険地帯」というサイトが出来上がってしまう理由

 熊本県は2016年4月20日、「東北は地震の危険地帯」などと記載していた熊本県 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

obrien02
英国カトリックのオブライエン枢機卿が、とうとうホモ行為の強要を認め謝罪

 神学生や司祭に対する性的虐待を告発され、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職 …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

kazoku
家族制度に関する内閣府の調査が明らかにした、少子化が止まらない意外な理由

 内閣府は2月18日、家族の役割や夫婦別姓などに関する世論調査(家族の法制に関す …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …