ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界のレストラン・ランキング。食中毒を出した超有名店は2位に陥落

 

 英「レストラン」誌は4月29日、世界でもっとも優秀なレストランを選ぶ「ワールドベストレストラン」の2013年版を発表した。これまで3年連続で第1位となっていたデンマークの著名レストラン「NOMA(ノーマ)」がとうとう1位から陥落した。
 同店は今年3月にノロ・ウイルスによる食中毒事件を起こしたことで大きな話題となっていた。事件とランキングの関係は不明だ(本誌記事「世界一のレストランで直中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?」参照)。

 今年1位に選ばれたのは、現代スペイン料理店の「エル・セジェール・デ・カン・ロカ」。
 スペイン料理店が1位になるのは2009年以来で、前回1位となった店が閉店したことから、その後は3年連続デンマークのNOMAが1位となっていた。スペイン料理は再び1位を奪還したことになる。
 NOMAは1位からは脱落したものの、高い評価は変わらず2位となった。3位はイタリア料理の「オステリア・フランチェスカーナ」であった。

 日本からはフランス料理の「ナリサワ」(東京・南青山)が20位に、日本料理の「龍吟」(東京・六本木)が22位に入っている。
  ちなみに同ランキング結果については、欧米に偏っているとの批判が寄せられていたことから、アジア版のランキングも発表している。アジア版ではナリサワは1位、龍吟は2位になっているほか、日本の店が50位までに9店ランクインしている。

  ミシュランと同様、この手のレストラン・ランキングには常に賛否両論がある。「ワールドベストレストラン」はどちからというと奇抜な料理が上位になる傾向が強いといわれており、NOMAはその典型といえる。正当な料理を好む利用者だとNOMAのスタイルには気に入らないかもしれない。

 ただ今回、上位にランクインした店は比較的正統派なスタイルのところが多く、いい意味でも悪い意味でもトゲがなくなったとの意見も聞かれる。
 ランキング結果は、世界の著名シェフや評論家など約900人でつくる委員会の投票で決定されるという。各委員は自分の気に入ったレストラン7店に投票することができるが、そのうち3店以上は自国以外から選出する決まりになっている。

 ちなみに日本勢のトップとなった「ナリサワ」はディナーの値段が約2万円、ワインを入れると客単価は3万円近くなるだろう。世界の味を試してみるには、ちょっと高すぎるかもしれない。もっとも、同店はすさまじい人気で、予約を取ることはほとんど不可能という噂だが・・・。

 - 社会

  関連記事

kannsimaera
ドイツで告知なしの監視カメラ導入が禁止に。日本国内の議論はあまりにも低レベル

 ドイツの連立与党は、職場での監視カメラの使用を制限する方針を固めた。従業員に告 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

abejosei
若者と女性の雇用を促進するという官邸主導の会議はまさに茶番劇

 政府は13日、「若者・女性活躍推進フォーラム」の初会合を首相官邸で開催した。出 …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …

100jikan
残業上限は「100時間」それとも「100時間未満」?という不毛な議論

 政府が導入を検討している長時間労働の上限規制について、最終的に「月100時間未 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …