ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表した4月の製造業景気指数は50.7と、前月の51.3から大幅に低下した。また、中国国家統計局が発表した4月の製造業購買担当者指数は50.6となり、先月から0.3ポイント低下した。両国とも先月からの下落は予想の範囲内だったが、下落幅はいずれも市場予想を上回った。

 これらの指数は50を上回ると景況の改善、下回ると景況の悪化を示している。
 米国の指数は2012年後半から50前後という低調な状態が続いていたが、2013年に入って数値の改善が見られるようになってきた。
 2013年2月には54.2まで上昇し、個人消費の拡大が米国企業の生産に波及しているとの見方が強くなっていた。だが3月、4月と低めの数値が出たことで、景気が踊り場に差し掛かっている可能性も出てきている。

 中国も同様で、2012年以降は51から53の間を行き来する状態が続いてきた。
 中国には国家統計局が発表する指標に加えて、香港上海銀行(HSBC)が取りまとめている指数もあり、こちらは主要国営企業以外の景況感も反映しているといわれる。
 HSBCの指標は50.5であり、こちらも3月の数値からは0.5ポイントの下落となっている。ただ2012年には50を切っていたことを考えると、相対的には持ち直している状況も伺える。

 中国の製造業は米国の製造業の影響を大きく受ける。日本から部品を輸出し、中国で半完成品として組み立てられ、米国で最終的製品になるというパターンが多い。このため中国と米国の指数は近い動きをすることが多い。中国の指標が総じて横ばいであることを考えると、米国の状況もまだ完全とはいえない状況なのかもしれない。

 米国は現在、好調な個人消費に対して低調な製造業という綱引き状態となっている。米国政府の歳出削減問題も重なり、第2四半期は景気が失速するとの見方が高まる一方、株価や住宅価格は絶好調で資産効果から消費拡大も見込まれている。

 少なくとも、今年前半までは米国の製造業の状況が劇的に改善する可能性は低い。だが、米国経済は総じて堅調であり、大きく崩れることはないとの見方が大半だ。中国も目標としている8%成長は達成できそうな状況となってきた(本誌記事「IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに」参照)。
 2013年後半から2014年にかけての米中経済は、不安要素を抱えながらも、意外と堅調に推移するかもしれない。

 - 経済

  関連記事

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …