ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表した4月の製造業景気指数は50.7と、前月の51.3から大幅に低下した。また、中国国家統計局が発表した4月の製造業購買担当者指数は50.6となり、先月から0.3ポイント低下した。両国とも先月からの下落は予想の範囲内だったが、下落幅はいずれも市場予想を上回った。

 これらの指数は50を上回ると景況の改善、下回ると景況の悪化を示している。
 米国の指数は2012年後半から50前後という低調な状態が続いていたが、2013年に入って数値の改善が見られるようになってきた。
 2013年2月には54.2まで上昇し、個人消費の拡大が米国企業の生産に波及しているとの見方が強くなっていた。だが3月、4月と低めの数値が出たことで、景気が踊り場に差し掛かっている可能性も出てきている。

 中国も同様で、2012年以降は51から53の間を行き来する状態が続いてきた。
 中国には国家統計局が発表する指標に加えて、香港上海銀行(HSBC)が取りまとめている指数もあり、こちらは主要国営企業以外の景況感も反映しているといわれる。
 HSBCの指標は50.5であり、こちらも3月の数値からは0.5ポイントの下落となっている。ただ2012年には50を切っていたことを考えると、相対的には持ち直している状況も伺える。

 中国の製造業は米国の製造業の影響を大きく受ける。日本から部品を輸出し、中国で半完成品として組み立てられ、米国で最終的製品になるというパターンが多い。このため中国と米国の指数は近い動きをすることが多い。中国の指標が総じて横ばいであることを考えると、米国の状況もまだ完全とはいえない状況なのかもしれない。

 米国は現在、好調な個人消費に対して低調な製造業という綱引き状態となっている。米国政府の歳出削減問題も重なり、第2四半期は景気が失速するとの見方が高まる一方、株価や住宅価格は絶好調で資産効果から消費拡大も見込まれている。

 少なくとも、今年前半までは米国の製造業の状況が劇的に改善する可能性は低い。だが、米国経済は総じて堅調であり、大きく崩れることはないとの見方が大半だ。中国も目標としている8%成長は達成できそうな状況となってきた(本誌記事「IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに」参照)。
 2013年後半から2014年にかけての米中経済は、不安要素を抱えながらも、意外と堅調に推移するかもしれない。

 - 経済

  関連記事

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …