ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表した4月の製造業景気指数は50.7と、前月の51.3から大幅に低下した。また、中国国家統計局が発表した4月の製造業購買担当者指数は50.6となり、先月から0.3ポイント低下した。両国とも先月からの下落は予想の範囲内だったが、下落幅はいずれも市場予想を上回った。

 これらの指数は50を上回ると景況の改善、下回ると景況の悪化を示している。
 米国の指数は2012年後半から50前後という低調な状態が続いていたが、2013年に入って数値の改善が見られるようになってきた。
 2013年2月には54.2まで上昇し、個人消費の拡大が米国企業の生産に波及しているとの見方が強くなっていた。だが3月、4月と低めの数値が出たことで、景気が踊り場に差し掛かっている可能性も出てきている。

 中国も同様で、2012年以降は51から53の間を行き来する状態が続いてきた。
 中国には国家統計局が発表する指標に加えて、香港上海銀行(HSBC)が取りまとめている指数もあり、こちらは主要国営企業以外の景況感も反映しているといわれる。
 HSBCの指標は50.5であり、こちらも3月の数値からは0.5ポイントの下落となっている。ただ2012年には50を切っていたことを考えると、相対的には持ち直している状況も伺える。

 中国の製造業は米国の製造業の影響を大きく受ける。日本から部品を輸出し、中国で半完成品として組み立てられ、米国で最終的製品になるというパターンが多い。このため中国と米国の指数は近い動きをすることが多い。中国の指標が総じて横ばいであることを考えると、米国の状況もまだ完全とはいえない状況なのかもしれない。

 米国は現在、好調な個人消費に対して低調な製造業という綱引き状態となっている。米国政府の歳出削減問題も重なり、第2四半期は景気が失速するとの見方が高まる一方、株価や住宅価格は絶好調で資産効果から消費拡大も見込まれている。

 少なくとも、今年前半までは米国の製造業の状況が劇的に改善する可能性は低い。だが、米国経済は総じて堅調であり、大きく崩れることはないとの見方が大半だ。中国も目標としている8%成長は達成できそうな状況となってきた(本誌記事「IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに」参照)。
 2013年後半から2014年にかけての米中経済は、不安要素を抱えながらも、意外と堅調に推移するかもしれない。

 - 経済

  関連記事

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

home02
米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産になるのか?

 米政府の管理下で経営再建中だった米国の住宅公社2社(ファニーメイとフレディマッ …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …