ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

 

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政からの転換を各国を訴えている。

 イタリアでは、EU主導の緊縮財政に国民の不満が爆発。財政再建を主導してきたモンティ首相が辞任を表明し総選挙となっていた。
 だが総選挙はタレント候補が新政党を結成するなど大混乱となり、結局、左右両派を統合した連立政権となった。
 連立政権を構成する主要政党は、何らかの形で緊縮財政の見直しを訴えており、首相に選出されたレッタ氏は、緊縮財政からの路線転換を各国に説明する必要に迫られていた(本誌記事「イタリア大統領がレッタを首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた」参照)。

 レッタ氏はまず4月30日にドイツを訪問、ベルリンでメルケル独首相と会談した。この中でレッタ氏は「健全な財政運営と同様に成長促進に注力する必要がある」との考えを示した。これに対してメルケル氏は「財政再建と成長は相反するものではない」と発言し、レッタ氏に対し一定の理解を示した。だがこの見解は従来のドイツの主張を繰り返したに過ぎず、財政再建を後回しにしてもよいという意味ではない。とりあえずはイタリアとドイツが対立するイメージを回避した格好だ。

 続いてレッタ氏はフランスを訪問し、オランド大統領と会談した。レッタ氏は成長促進に主眼を置く方針を説明し、オランド氏もこれに理解を示した。フランスはイタリアと同様、経済の長期低迷と高い失業率に悩まされており、国民の不満が高まっている。オランド大統領としては、イタリアと歩調を合わせてドイツに政策転換を迫り、財政再建を後回しにしたいとの思惑がある。

 レッタ氏は、不動産税徴収の停止や付加価値税増税の撤廃など、緊縮財政の撤廃策をいくつか表明している。だが増税の中止による歳入不足については、財源をどう手当てするのか明らかにしていない。
 今回の訪問でレッタ氏はとりあえずフランスの支持は取り付けた格好だ。だが、ドイツが急に財政再建の放棄を容認するとは考えにくく、最終的には緊縮路線を継続しながら、部分的に緊縮の緩和策を導入する方向に落ち着く可能性が高い。少なくとも欧州の株式市場では、基本路線に大きな変動はないと判断しており、政局の混乱が収束したことの方をプラス評価として捉えている。

 ただ、これまではドイツの圧倒的なリーダーシップによって徹底した緊縮財政が求められてきたが、その潮流に変化が出てくる可能性も見え始めた。短期的には欧州リスクが後退するかもしれないが、欧州が抱える根本的な問題の解決はさらに遠のいたかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

cameron
英キャメロン首相がEU脱退の国民投票実施を宣言。駆け引きにしては危険すぎるとの声も

 英国のキャメロン首相は23日、ロンドンで講演し、英国の欧州連合(EU)離脱を問 …

malala
早くも政治家宣言を行ったマララさんは、パキスタンにおけるスーチー氏

 女性が教育を受ける権利を訴えたことでイスラム武装勢力に銃撃され、奇跡的に生還し …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

7thfleet
安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は20 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …