ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

 

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政からの転換を各国を訴えている。

 イタリアでは、EU主導の緊縮財政に国民の不満が爆発。財政再建を主導してきたモンティ首相が辞任を表明し総選挙となっていた。
 だが総選挙はタレント候補が新政党を結成するなど大混乱となり、結局、左右両派を統合した連立政権となった。
 連立政権を構成する主要政党は、何らかの形で緊縮財政の見直しを訴えており、首相に選出されたレッタ氏は、緊縮財政からの路線転換を各国に説明する必要に迫られていた(本誌記事「イタリア大統領がレッタを首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた」参照)。

 レッタ氏はまず4月30日にドイツを訪問、ベルリンでメルケル独首相と会談した。この中でレッタ氏は「健全な財政運営と同様に成長促進に注力する必要がある」との考えを示した。これに対してメルケル氏は「財政再建と成長は相反するものではない」と発言し、レッタ氏に対し一定の理解を示した。だがこの見解は従来のドイツの主張を繰り返したに過ぎず、財政再建を後回しにしてもよいという意味ではない。とりあえずはイタリアとドイツが対立するイメージを回避した格好だ。

 続いてレッタ氏はフランスを訪問し、オランド大統領と会談した。レッタ氏は成長促進に主眼を置く方針を説明し、オランド氏もこれに理解を示した。フランスはイタリアと同様、経済の長期低迷と高い失業率に悩まされており、国民の不満が高まっている。オランド大統領としては、イタリアと歩調を合わせてドイツに政策転換を迫り、財政再建を後回しにしたいとの思惑がある。

 レッタ氏は、不動産税徴収の停止や付加価値税増税の撤廃など、緊縮財政の撤廃策をいくつか表明している。だが増税の中止による歳入不足については、財源をどう手当てするのか明らかにしていない。
 今回の訪問でレッタ氏はとりあえずフランスの支持は取り付けた格好だ。だが、ドイツが急に財政再建の放棄を容認するとは考えにくく、最終的には緊縮路線を継続しながら、部分的に緊縮の緩和策を導入する方向に落ち着く可能性が高い。少なくとも欧州の株式市場では、基本路線に大きな変動はないと判断しており、政局の混乱が収束したことの方をプラス評価として捉えている。

 ただ、これまではドイツの圧倒的なリーダーシップによって徹底した緊縮財政が求められてきたが、その潮流に変化が出てくる可能性も見え始めた。短期的には欧州リスクが後退するかもしれないが、欧州が抱える根本的な問題の解決はさらに遠のいたかもしれない。

 - 政治, 経済

  関連記事

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

suga04
野党分断に八面六臂の活躍。安倍政権最大のキーマン菅官房長官

 安倍政権のキーマン中のキーマンといわれる菅官房長官の動きに注目が集まっている。 …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

myanmer02
民主化に逆行?ミャンマーで仏教徒女性の異教徒との結婚を制限する法案が波紋を呼ぶ

 民主化と経済開放が続くミャンマーで、議会に提出が予定されているある法案をめぐっ …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …