ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IT専門家がスマホで飛行機を乗っ取るデモを披露。すでにコンサル契約の話も

 

 コンピュータ・セキュリティの専門家が、スマホのアプリを使って民間航空機を乗っ取ることができると発表したことが大きな話題となっている。

 乗っ取りが可能と発表したのは、ドイツのITセキュリティ専門家ヒューゴ・テソ氏。
 テソ氏はITコンサルティング会社に勤務する研究者で飛行機の操縦免許も持っている。テソ氏は、航空機に対するサイバー攻撃ツールを開発し、アンドロイドを搭載したスマートフォンのアプ リで操作できるようにした。

 攻撃ツールのデモでは、飛行機の管制システムの仮想環境を構築し、無線を送って速度や高度、方向を変えさせる実演を行った。コックピットの画面を切り替えたりするなど、かなり危険なことも制御が可能だという。

 同氏によれば航空機に搭載されているシステムはセキュリティー対策が不十分で、制御信号が正規のものなのかどうかを見分けることができないとしている。これに対して米連邦航空局は、実際には通用しないとコメントしているという。
 だが航空無線や制御システムの専門家の多くは、あながち不可能ではないとの見解を持っている。通常、民間航空機はフライトプランと呼ばれるあらかじめ提出された飛行計画に従って運航される。だが、天候の状況などによって頻繁にフライトプランは変更されており、その都度、管制センターとのやり取りが行われる。

 以前は手動でその変更などが行われていたが、ITの発達に伴って航空機のデータリンク環境も整備が進み、現在ではほぼ完全に自動化、標準化が行われている。したがってどの航空機も同じプロトコルで制御が可能となっており、無線システムなどの装備があれば理論的にはハッキングが可能となる。実際テソ氏はネットオークションなどで機材を集め、ハッキング環境を構築している。

 もっともIT化が進んだ現在では、金融機関の基幹システムや軍事用システムも、汎用機器で構築されることがほとんどであり、入手可能な機材でハッキングできること自体が問題ではない。
 航空管制の分野は非常に特殊であったため、これまでハッカーに狙われるケースがあまりなく、セキュリティ対策という概念が浸透していなかったことが最大の原因と考えられる。逆に言えば、相応のセキュリティ対策を施せば、それほど心配する事態ではないともいえる。

 問題を指摘されたシステムの開発企業はすでにテソ氏に対して接触しており、問題解決に前向きな姿勢を示しているという。つまり、テソ氏は大きなコンサル契約を獲得できる可能性が高いということである。テソ氏は優秀な研究者でもあるが、優秀なビジネスマンでもあるようだ。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

kyositu01
「いじめ」に関して事件化するケースが増加。だが「いじめ」がなくならない本当の理由

 いわゆる「いじめ」問題への対策として、加害者が何らかの罪状で逮捕されるケースが …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …