ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本もこうなる?英国の失業者が受講する心理テスト。内容は自己啓発セミナー真っ青

 

 生活保護や失業保険の削減など、一連の社会保障制度改革を行っている英国で、失業者の意識改革や職業訓練のあり方をめぐって大きな議論が沸き起こっている。

 キャメロン首相が進める社会保障制度改革は、基本的に受給者の自助努力を促すことを目的としている。
 日本と同様、英国においても、生活保護や失業保険の受給者が、場合によっては最低賃金労働者よりも豊かになるという状況があり、国民からの批判が高まっていた。新しい制度では、この状態を解消することを念頭に置いている。

 例えば新しい制度では、失業保険の受給者に対して、ネット上で質問に答えて自分の強みを発見する心理テストの受験を勧めている。それは失業保険に頼らず、自ら能動的に仕事を探すメンタリティの育成を目的としたものだ。だがその内容をめぐっては多くの批判も寄せられているという。

 強み発見の心理テストは、48の質問で構成され、回答には約10分間を要する。すべての質問に回答すると、結果と簡単なアドバイスが表示され、電子メールのアドレスを書き込むと、専門のカウンセラーとのやりとりも可能となる。
 肝心の中身だが、確かに少々微妙である。一例をあげると「あたなは世の中に対して常に好奇心を持っていますか?」「新しいことを学ぶことに感激を覚えますか?」「美術館や博物館によく行きますか?」「新しいことを考えるのが好きですか?」といった具合だ。
 要するに前向きで何事にも興味を持ち、積極的に取り組まないとダメですよ、という話である。聞きようによっては、どこかの自己啓発セミナーと同じになってしまう。

 雇用年金省では、失業保険の給付水準を減らすには、最終的に労働者のメンタリティが重要であり、このような心理テストやカウンセリングは有効であるとの立場だ。確かに求人があるのに働かない人は心理的な影響が大きいというのは事実であろう。そのような状態の失業者に対して一方的に給付額を減らしてしまえばホームレスを増やすだけだという主張も納得できないことはない。

 一方、こういった施策に対しては、価値観や生き方などを間接的に強要することになると懸念を抱く人もいる。このようなテストを受け、誘導尋問的に「私は前向きです」と言わないと手当をもらえないというのも確かに奇異な印象を受ける。
 北欧でも失業者には職業訓練を義務づける制度があり、一定の成果は上がっている。だが失業保険をもらうためだけに、無意味に職業訓練の受講を繰り返す失業者も後を絶たないという。

 日本の財政状況は欧州よりも厳しく、失業保険や生活保護の削減は政治的にも避けられない状況にある。一部からは欧州型の職業訓練をセットにした給付の案も提言されているが、英国や北欧の例を見ると、実際に効果のある施策を行うのは思いのほか難しいようだ。
 自助努力のあり方をどうするべきなのか、日本でもそろそろ本格的に議論した方がよさそうである。

 - 政治, 社会

  関連記事

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

yuki
大雪予想がハズれ鉄道は逆に大混乱。前代未聞の事態は日本社会劣化の象徴

 2月6日に関東地方に大雪が降るという気象庁の予報に基づき、JRなど鉄道各社は間 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …