ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本もこうなる?英国の失業者が受講する心理テスト。内容は自己啓発セミナー真っ青

 

 生活保護や失業保険の削減など、一連の社会保障制度改革を行っている英国で、失業者の意識改革や職業訓練のあり方をめぐって大きな議論が沸き起こっている。

 キャメロン首相が進める社会保障制度改革は、基本的に受給者の自助努力を促すことを目的としている。
 日本と同様、英国においても、生活保護や失業保険の受給者が、場合によっては最低賃金労働者よりも豊かになるという状況があり、国民からの批判が高まっていた。新しい制度では、この状態を解消することを念頭に置いている。

 例えば新しい制度では、失業保険の受給者に対して、ネット上で質問に答えて自分の強みを発見する心理テストの受験を勧めている。それは失業保険に頼らず、自ら能動的に仕事を探すメンタリティの育成を目的としたものだ。だがその内容をめぐっては多くの批判も寄せられているという。

 強み発見の心理テストは、48の質問で構成され、回答には約10分間を要する。すべての質問に回答すると、結果と簡単なアドバイスが表示され、電子メールのアドレスを書き込むと、専門のカウンセラーとのやりとりも可能となる。
 肝心の中身だが、確かに少々微妙である。一例をあげると「あたなは世の中に対して常に好奇心を持っていますか?」「新しいことを学ぶことに感激を覚えますか?」「美術館や博物館によく行きますか?」「新しいことを考えるのが好きですか?」といった具合だ。
 要するに前向きで何事にも興味を持ち、積極的に取り組まないとダメですよ、という話である。聞きようによっては、どこかの自己啓発セミナーと同じになってしまう。

 雇用年金省では、失業保険の給付水準を減らすには、最終的に労働者のメンタリティが重要であり、このような心理テストやカウンセリングは有効であるとの立場だ。確かに求人があるのに働かない人は心理的な影響が大きいというのは事実であろう。そのような状態の失業者に対して一方的に給付額を減らしてしまえばホームレスを増やすだけだという主張も納得できないことはない。

 一方、こういった施策に対しては、価値観や生き方などを間接的に強要することになると懸念を抱く人もいる。このようなテストを受け、誘導尋問的に「私は前向きです」と言わないと手当をもらえないというのも確かに奇異な印象を受ける。
 北欧でも失業者には職業訓練を義務づける制度があり、一定の成果は上がっている。だが失業保険をもらうためだけに、無意味に職業訓練の受講を繰り返す失業者も後を絶たないという。

 日本の財政状況は欧州よりも厳しく、失業保険や生活保護の削減は政治的にも避けられない状況にある。一部からは欧州型の職業訓練をセットにした給付の案も提言されているが、英国や北欧の例を見ると、実際に効果のある施策を行うのは思いのほか難しいようだ。
 自助努力のあり方をどうするべきなのか、日本でもそろそろ本格的に議論した方がよさそうである。

 - 政治, 社会

  関連記事

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

orinpic
日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?

 2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催 …

osupurei
森本防衛相が自衛隊のオスプレイ導入に含み。外務省が米側の意向を代弁か?

 森本敏防衛相が米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの自衛隊導入について …

obrien02
英国カトリックのオブライエン枢機卿が、とうとうホモ行為の強要を認め謝罪

 神学生や司祭に対する性的虐待を告発され、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職 …

usarmy
米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっ …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …