ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。

 党総書記に内定しているといわれる習近平氏が、総書記のポジションには就かず、代わりに李源潮党中央組織部長が就任するとの観測を香港の団体が示した。29日に日経が報道している。習近平氏は国家主席には昇格する見込みだという。

 中国では、次期最高指導者をめぐって熾烈な権力闘争が行われている。大きく対立しているのが、太子党と呼ばれる共産党幹部の二世グループと、学歴エリートグループ。
 習近平氏は父親が党幹部であり大子党のエース。これに対して現在の胡錦濤国家主席は中国共産主義青年団(共青団)から選抜された学歴エリートグループのトップだ。
 両グループの対立はすさまじく、昨年発生した高速鉄道の事故についても、太子党の利権となっている鉄道省をつぶすために、胡錦濤側が仕掛けた謀略だという説もあるくらいだ。

 これまでの予想では、両者は拮抗しており、折衷案として太子党の習近平氏が党総書記に、胡錦濤グループに属する李克強氏が首相に就任するとされていた。

 今回、党の総書記名前があがった李源潮氏は、胡錦濤国家主席と同じ共青団出身。どちらかというと胡錦濤グループだ。真相は不明だが、胡錦濤サイドが流した情報である可能性もある。
  また国家主席は儀礼的なポストであるとはいえ、江沢民氏以来、必ず党総書記と兼任されてきた。国家主席だけの就任は考えにくいとの指摘もある。

  いずれにせよ、習近平氏への権力移行については、まだ決着がついていないことが明らかになった。習氏の雲隠れ問題もまだ真相がはっきりしていない。

 中国の不安定な政情はしばらく続きそうである。

 - 政治

  関連記事

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

hagel
次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国への懸念を示すもホンネは別?

 米オバマ大統領が次期米国防長官に指名している共和党のヘーゲル元上院議員に関する …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

senkaku02
中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船 …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …