ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エネルギー長官代行と会談し、日本に対して天然ガスの輸出解禁を急ぐよう要請した。また茂木氏は、米国のシンクタンクで講演し、脱原発政策を見直す方針であることをあたらめて強調。原発の安全性を検証する新しい組織の設立を検討していることを明らかにした。

  日本は原発事故以降、石油の輸入が急増し、発電コストの上昇に悩まされている。米国は安価なシェールガスの開発を進めており、日本がこれを輸入することができれば、エネルギー・コストを大幅に引き下げることができる。
 だが米国は原則としてFTA(自由貿易協定)締結国以外へのエネルギー輸出を認めていない。オバマ大統領は日本への天然ガス輸出に前向きな発言をしており、一部では輸出が始まっているが、まだ正式な認可は下りていない状態だ(本誌記事「米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?」参照)。
 茂木氏からの要請を受けたポネマン氏は「日本にとって緊急課題であることを十分に理解している」と述べ、早期の認可に前向きな姿勢を示した。

 続いて茂木氏は米国の著名シンクタンクであるブルッキングス研究所で講演を行った。茂木氏はアベノミクスなど安倍政権の経済政策について説明を行ったのち、日本のエネルギー政策について触れた。
 この中で茂木氏は、「震災以後、日本はエネルギー需要の9割を輸入に頼っている」と指摘、「この状態は「持続不可能である」とし、原発ゼロ政策は維持不可能であるとの見方をあらためて示した。その上で茂木氏は原発の安全対策として、国の原子力規制委員会とは別に、電力会社が中心となった安全性に関する新組織の設立を検討していることを明らかにした。

 茂木氏が言及した組織は、米国でスリーマイル島原発事故をうけて原発運営会社などが設立した「原子力発電運転協会(INPO)」をモデルにしているといわれる。原発の推進側として安全性を検証する役割が期待されているという。

 日本では原発の推進側と規制側が同じ役所の管轄になっていたため、安全性対策が意味をなさなかったと言われている。新しく発足した原子力規制委員会はとりあえず原発規制側に立っているが、一方で産業界からの情報提供がなく、現実的な安全対策を立案する能力に欠けるとの指摘もある。新しい組織は、原子力産業側の組織なので、より具体的な安全対策を立案することが可能という理屈である。

 米国の場合、原子力の推進は核戦略と不可分であり、基本的に原子力政策は国策として国民の支持を得ている。原子力の推進を前提に、規制官庁と推進側の組織が並立していることは、それなりに意味があるだろう。実際、INPOのトップには、海軍の元太平洋軍司令官でトモダチ作戦を指揮したロバート・ウィラード氏が就任していることからも、その状況を伺い知ることができる。

 だが日本の場合、原子力政策と核戦略は表面上分離しており(核戦略は米国に依存しているため)、産業用途としての原子力政策は、国論を二分している。このような状態で、推進側の安全検証組織を設立したところで、根本的な問題解決にはならない可能性が高い。

 細かい既成事実の積み上げで、なし崩し的に事を進めるやり方はいずれ破綻する。日本のエネルギー政策をどうするのか、明確な政治決断が求められている。

 - 政治, 経済

  関連記事

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

todai
内閣府調査研究。大卒者、院卒者の4人に1人が学歴に見合う仕事をしていない?

 大学生や大学院生の4人に1人が教育過剰(同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

Kennedy
駐日大使にケネディ元大統領の長女が就任。ただし外交や政治の経験はゼロ

 米国の主要メディアは4月1日、ルース駐日大使の後任として故ケネディ元大統領の長 …

imyonbaku
李明博大統領が退任を前に恒例の特赦を実施。韓国でこの風習がなくならないワケ

 韓国の李明博大統領は、退任を前にして約50人に対する特別赦免(特赦)を実施する …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

ishiba
石破幹事長の出番がない!TPP参加は政府に一任で、反対派はいとも簡単に陥落。

 それなりの抵抗が予想されていた自民党のTPP反対陣営がいとも簡単に落城した。安 …