ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催された。この中で、シーファー前駐日大使は従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直しについて触れ、「(談話見直しは)日本の利益を大きく害することになる」と安倍政権の外交姿勢に対して警鐘を鳴らした。

 このシンポジウムは、元駐日大使のマンスフィールド氏とその夫人を記念して作られたマンズフィールド財団が主催したもので、同財団の設立30周年記念として米国議会内で開催された。
 シンポジウムには、モンデール氏、シーファー氏など歴代の駐日大使や、日系人としては初めて米政府の閣僚になったミネタ元運輸長官などが参加した。
 日本からは佐々江賢一郎駐米大使が参加している。また財団のスポンサー企業のひとつであるアフラック会長のチャールズ・レイク氏(元米国通商代表部日本部長)もモデレータとして参加している。

  シーファー氏は、安倍政権の閣僚による靖国神社参拝に関し「戦没者らに敬意を表したいという感情は理解できる」と述べ一定の理解を示した。だが、従軍慰安婦問題については「正当化できる理由はない」と述べ、いわゆる河野談話の見直しを行った場合には、アメリカやアジアでの日本の国益を大きく損なうと指摘した。

 米国では、韓国や中国が日本の戦争責任をあらためて追及するロビー活動をかなり露骨に行っている。知日派と呼ばれる一部の議員を除くと、米議員の多くは日本に関する知識や関心は持っておらず、人権問題を前面に出したこうしたロビー活動の影響を受けやすい。

 実際、安倍首相が2月に訪米した際には、米議会からは、安倍首相を「右翼的国粋主義者」と定義し、慰安婦問題を「性奴隷」問題と位置付けるかなり衝撃的な報告書が提出された(本誌記事「米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ」参照)。また、一部の議員は、慰安婦問題を非難する決議を再び可決しようと画策している。

 シーファー氏をはじめとする米側のシンポジウム参加者は、何らかの形で日米関係から利益を得ている人物であり、基本的に米国における日本の立場が悪化することを望んでいない。シーファー氏の指摘は、米政界における慰安婦問題の位置付けをかなり客観的に表している可能性が高く、耳を傾ける価値はあると考えられる。

 汚い国際政治の現場では、正論を叫んだところであまり意味はない。日本も同じように汚いロビー活動を展開し、力で形成を逆転するか、現実的な対応をしていく以外に方法はない。

 - 政治

  関連記事

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

motegi003
エネルギー基本計画の政府案決定を霞が関文法で解釈すると?

 政府は2014年2月25日、原子力関係閣僚会議を開催し、新しい「エネルギー基本 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …