ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された経済フォーラムに出席し、2020年までに米国が天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかにした(写真)。
 米国は基本的にエネルギーの輸出に消極的だったが、安価なシェールガスの開発が進んできたことで、その方針を転換する可能性が高まっていた。

 米国は以前から主要な産油国の一つであったが、自国での石油消費量が多いことから中東からの輸入に依存する体質となっていた。だがここ数年でその状況が根本的に変わってきた。きかっけとなったのは安価なシェールガスの開発である。

 シェールガスは岩盤層に含まれる天然ガスのこと。岩盤層から天然ガスや石油が取れることは知られていたが、コストが高いことからこれまで放置されていた。だが近年、新しい採掘技術が相次いで開発されたことにより、シェールガスを安価にかつ大量採掘することが可能となってきたのだ。

 国際エネルギー機関(IEA)は昨年末「世界エネルギー見通し」を発表し、2035年までに米国はエネルギーを完全自給できるようになるとの予測を発表していた。
 米国内では豊富なエネルギーを自国の産業に優先して割り当てるべきか、積極的に輸出に振り向けるべきかなのかについて活発な議論が行われてきた。
 エネルギーの輸出が可能になれば、米国には莫大な貿易黒字が転がり込んでくることになり、米国の経常収支が劇的に改善する可能性が見えてくる。金融業界やエネルギー業界は石油の輸出に積極的なスタンスだ。一方、石油を利用する側の産業界は、余剰のエネルギーを国内産業に回せば、エネルギーコストを大幅に引き下げることができるとして、積極的輸出には反対していた。

 オバマ大統領は日本に対する天然ガス輸出を容認する発言を行っていたが、今回、中米諸国に対しても明確に輸出解禁を打ち出した。このことは、国内における合意形成がほぼ完了したことを示していると考えられる(本誌記事「米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?」参照)。

 実際にエネルギーの大量輸出が始まれば、世界経済に大きな影響を及ぼすことになる。先にも触れたように米国の経常収支が劇的に改善する可能性があり、もしそうなれば1971年のニクソンショック以降、40年以上にわたって続いてきたドル安のトレンドが大転換することになるかもしれない。
 また米国が資源国になることは地政学的にも劇的な変化をもたらすだろう。これまで良くも悪くも、米国の外交政策の基軸となってきた中東政策が不要になる。1823年のモンロー宣言以来、200年近くの時を経て、ようやく理論的に「引きこもり政策」が可能になる(本誌記事「米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性」参照)。

 中東から軍事力を撤退させ、アジアにシフトするいわゆる「リバランス戦略」も、背後にはこうしたエネルギー受給の見通しの変化がある。世界秩序の再構築が静かに動き始めている。

 - 政治, 経済

  関連記事

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …