ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の学生グループが、3Dプリンタを使って自宅で製造できる銃を公開

 

 テキサス大学ロースクール(法科大学院)の学生を中心とした3Dプリンターによる銃器製造プロジェクト「Defense Distributed」が、ほとんどの部品を3Dプリンターで作成した拳銃を公開した。

 3Dプリンタとは、パソコンの3次元データをもとに、プラスチック樹脂製の立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる装置。自宅で誰でもモノ作りができるようになることから、世界中で話題となっている。
 だが自宅でモノ作りができるということは、銃も製造できるということを意味しており、米国ではすでにいくつかの銃試作プロジェクトがスタートしていた。

 今回製作された銃は 「Liberator」と名付けられた。16個のパーツが3Dプリンターで作られており、金属を使用しているのは撃針(薬莢に詰められた火薬に衝撃を与え発火させるための部品)部分のみとなっている。同団体では米国の銃器法には違反せず、まったく問題なく使用できるとしている。

 同団体では、3Dプリンタで製作できるプラスチック銃の設計図を誰でもダウンロードできる環境の構築を目指しており、すでに既存の銃と組み合わせて使用するプラスチック製部品のダウンロードが可能となっている。「Liberator」についても近く設計図を公開する予定だ。

 銃は頑丈に作らないと破裂して使用者が大怪我をする危険性があり、原則として主要部品は金属で作られる(一部強化プラスチックを使用するケースは出てきている)。3Dプリンタで銃を作ることに関しては一部から十分な強度が得られないという指摘も出ていた。だが22口径など、口径の小さい銃で、薬きょうに装填する火薬の量を半分程度に減らせば(ハーフロードと呼ぶ)、実用に耐えるものを製作できる可能性は十分にあるという。

 今回製作された銃は口径の変更が可能だという。どの程度の強度があるのかは不明だが、少なくとも実射テストは行われているので、ある程度の実用に耐えるものと思われる。

 オバマ政権は銃規制強化を強く訴えていたが、議会に提出された銃規制法案は否決となった。銃推進団体である全米ライフル協会の会員数は500万人を突破する勢いとなっており、皮肉にも、銃乱射事件による銃規制強化の動きが、銃規制反対運動を活発化させるきっかけになっている。また銃規制をめぐって各地で様々な問題が発生しており、米国の銃をめぐる状況はますます複雑になっている(本誌記事「銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り」参照)。

 - 政治, 社会, IT・科学

  関連記事

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

timo
レイア姫そっくりのウクライナ元首相、上告棄却で禁固刑確定

 職権乱用罪に問われていたウクライナのティモシェンコ前首相の控訴審で、上級裁判所 …