ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。

 財務相が有力視されていた岡田克也副総理は留任、財務相には城島光力前国会対策委員長が初入閣で就任した。また入閣が確実視されていた前原誠司前政調会長は国家戦略相に、樽床伸二前幹事長代行は総務相に充てる。

 藤村修官房長官は再任、玄葉光一郎外相は留任、森本敏防衛相、枝野幸男経済産業相も留任となった。また田中真紀子元外相は文部科学相で入閣する。

 今回の人事は、敗北選挙を目前に控えた、大臣ポストの大量発行という意味合いが強い。
 野田首相としては、できるだけ解散時期を後にずらしたいところ。輿石幹事長も発言しているが、ホンネでは来年まで引っ張り衆参同日選にしたい。

 だが現在の民主党の内部はガタガタ。いつ離反者が大量に出て崩壊するか分からない。選挙前に、ハクをつけるために大臣ポストを配りまくり、民主党から逃げていかないようエサをばらまいた格好だ。
 自民党は今回の人事について「入閣待機組みを在庫処分で順繰りに入閣させた」と批判しているが、これは的を得ている。

 田中真紀子元外相の入閣は、対中国への対話姿勢のアピールとする向きもあるが、実態は知名度の高い田中氏を引き止めておきたいという意向が強いと思われる。

 ともかく、今回の改造内閣に、政策実務の処理を期待するのはムリだろう。

 - 政治

  関連記事

googlemusume
Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった

  北朝鮮を電撃訪問したインターネット検索最大手グーグルのシュミット会長の娘であ …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

no image
中国が今度は台湾野党の取り込み工作を本格化。日本はさらに厳しい状況に

 中国が台湾の取り込みに猛攻勢をかけている。これまで独立派として交流を行っていな …

mof02
木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予想すると?

【本記事は2013年6月13日のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです …

no image
反日デモはまるで「文化大革命」や「義和団の乱」。当局は反政府運動への転換を危惧

 中国の公安当局が事態の沈静化を図るため、反日デモを押さえ込む方針に転換し始めて …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

asohadaijin201406
問題発言連発の麻生大臣。最後の大物政治家か、無邪気なボンボンか?

 麻生財務大臣の発言が話題になっている。新聞報道によると麻生氏は2014年6月2 …