ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が転機を迎えようとしている。
 失業率の悪化に歯止めがかからず、支持率の低迷に悩むオランド政権は、EUが求める緊縮財政の方針を微妙に修正し、10年間という長期にわたる景気対策の取りまとめに入った。だが財政難から十分な財源を確保できず、政府が保有する主要企業の株式を放出するという、いわゆる「埋蔵金」の活用を模索し始めた。

  フランスは日本と同様、資本主義の国でありながら社会主義的な経済政策を採用している。
 国内の主要企業の多くは政府が株式を多数保有しており、企業トップも官僚出身者が多い。労働組合が手厚く保護され、正規雇用の労働者は簡単に解雇することはできない。社会風土も徹底的な学歴主義となっており、日本と同様、多くの規制が存在し、それに付随した国家資格が山のようにある。

 だがリーマンショック後の経済危機では、フランスの政策はすべて裏目に出た。ドイツの約2倍という高い労働コストを嫌い、多くの製造業が国外に流出してしまった。工場閉鎖を決定した企業には、大臣が直接抗議するというヒステリックな政治状況は、企業の海外流出にさらに拍車をかけている。
 政府は官僚主導で企業のイノベーションを活発化させ、国際競争力を復活させようとしているが、規制環境に安住した既存企業の動きは鈍い。

 一方ドイツでは、最低賃金を設定せず、雇用を流動化させることで労働コストを抑える政策が効果を上げている。ドイツの労働者の報酬は低いが、失業率は5.4%とフランスの半分の水準だ。また徹底的な競争政策を導入しており、競争力のない企業は容赦なく倒産させている。企業の廃業率は米国よりも高い。多くの弊害をもたらしているが、移民受け入れにも積極的だ。

 欧州ではドイツを中心とした構造改革、緊縮財政を中心とした経済政策と、フランスを中心とした財政出動型の経済政策の綱引きとなっている。現在は経済が好調なドイツの発言力が強く、EUは基本的に緊縮財政路線で統一されている。

 フランスは政治的状況がそれを許さず、緊縮策の緩和を強く望んでいる。今回の長期経済対策もその延長線上にあるが、財源を「埋蔵金」に求めるのはある種の矛盾といえる。オール・フランスで対策に取り組むことができるのは、政府が経済活動に強く関与しているからであり、その源泉は政府による株式の保有だからだ。

 日本のアベノミクスは、経産省が主導する政府関与型プランと、産業競争力会議の一部メンバー(竹中平蔵氏など)が主導する構造改革プランがごちゃまぜの状態となっている。現在のところ、日本の経済政策(特に産業政策)がどの方向に向かおうとしているのか、まったく方向性が見えない状況だ。
 持続的な経済成長を実現するためには、金融政策だけでは不十分なことは明白である。安倍政権はそろそろ、産業政策をどの方向性に定めるのか、ハッキリと明示すべき時期に来ている。

 国家主導型の代表格であったフランス経済が低迷していることは、現代においては、政府が関与するにしても、よほどの強権発動を行わない限りその効果は限定的であることを示唆している。ドイツ、米国、英国のような競争主義を中心にするのか、フランスのような国家主導型にするのか、いずれにしても、相応の覚悟が必要なことだけは確かなようである。

 - 政治, 経済

  関連記事

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

aso03
公的年金による株の買い支えを示唆した麻生財務相の発言。真意はどこに?

 麻生財務相が公的年金による株の買い支えとも取れる発言を行ったことが株式市場で話 …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …